[シミトリー・使い方]基本の使い方 成分や気になる効果/シミトリーの使い方

[シミトリー /使い方] 効果的な使い方3つのポイントまとめ

 

シミトリーの使い方/基本的な正しい使い方について

 

 

シミトリーの使い方、基本的な正しい使い方について紹介します。

「使い方だけでそんなに効果が変わるの!?」

「美白効果が高くなる使い方なんてあるの?」

シミトリーは美白有効成分や保湿成分が豊富に配合されているオールインワンジェルです。

普段のスキンケアの基本的な使い方と、週1回や月1回のスペシャルケアを組み合わせることでより美白効果を実感することができます。

シミトリーの使い方のポイントは「3~6ヶ月は毎日、継続して使用する」「化粧水・乳液と併用で保湿力アップ」「パックや美白美容液としてスペシャルケアを行う」の3つです。

基本的な使い方に特別なケアをプラスするのではなく、普段のスキンケアの際により効果を高めるためのコツを紹介していきます。

使い方をちょっと意識するとより美白効果をアップすることができますよ。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1本で美白&保湿ができる!

 

 

シミトリーは美白効果あり?元美容部員が試した口コミ

引用元:シミトリーは美白効果あり?元美容部員が試した口コミ

この動画では、べたつきやにおいなどが紹介されています。

ジャータイプで容器はあけやすく、専用のスパチュラ―がついています。

肌にはするするという感じで、独特な香りはなく、成分の香りだけです。

刺激もなく浸透性は高く、肌に乗せたときはべたつきはなく、重くないです。

保湿感はつけてから1時間は持続します。

モロモロはでません。

浸透力は他のオールインワンジェルに比べると優秀です。

美白に特化したオールインワンジェルでもあります。

関連ページ:[シミトリー 口コミ]効果は嘘?効果なし・副作用の真相/実際に使って評判を検証

[シミトリー/使い方]基本的な使い方/使用の手順と注意点について

 

 

 

 

シミトリーの使い方、基本的な使い方について紹介します。

シミトリーは1つで9役のオールインワンジェルなので、スキンケアはとっても簡単!

でも、正しい手順で行わないと効果が半減するかも!?

シミトリーに含まれる美白成分や保湿成分が肌の奥までしっかり浸透するように、使い方のコツを紹介します。

シミトリーの基本的な使い方で最も大事なのは、適量を肌に乗せることです。

ジェルが少なすぎると肌への負担が大きくなり、肌は防御反応のために角質が固くなり、肌のターンオーバーの乱れに繋がります。

また、肌をゴシゴシこすったり、強い刺激を与えるとメラニンの生成を促してしまいます。

スキンケアの基本は肌を優しく扱うことです。

では、シミトリーの基本的な正しい使い方について紹介していきますね。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

基本的な正しいケアで美白効果アップ!

 

 

 

 

シミトリーの使い方手順1・メイクなどの汚れをしっかりと落とす

 

シミトリーの基本的な使い方、手順について紹介します。

シミトリーには美白有効成分や保湿成分がたくさん配合されています。

たくさんの美容成分を、しっかり肌の奥まで届けたいですよね。

でも、メイクや皮脂、古い角質などが残っている状態の肌では、美容成分が奥まで浸透することができません。

メイクや古い角質などの汚れはしっかりと落とし、美容成分が肌の奥まで浸透できるように整えましょう。

また、洗顔をする時はゴシゴシと擦らないようにしましょう。

肌は強い刺激を与えると防御反応としてメラニンの生成を活性化してしまいます。

ゴシゴシ擦ることで肌表面の角質層が剥がれてしまし、肌のバリア機能が低下してしまったり、ターンオーバーが乱れる原因ともなります。

洗顔の際は、ぬるま湯(32~36度)程度のお湯で優しく洗いましょう。

シャワーのお湯(40度くらい)で顔を洗うと、必要な皮脂まで洗い落としてしまい肌のバリア機能の低下に繋がります。

シミトリーの美容成分をしっかりと肌の奥まで届けられるように、洗顔は優しく丁寧に行いましょう。

 

 

 

シミトリーの使い方手順2・適量を塗布する

 

シミトリーの基本的な使い方、手順について紹介します。

シミトリーを使用する時は適量を塗布するように心がけましょう。

1回の使用量の目安は、さくらんぼ大1個分の量です。

さくらんぼ大1個分は、直径2センチ、2.5gほどの量です。

さくらんぼ大のジェルを手のひらに乗せると、想像よりも多く感じると思います。

ジェルを一気に顔に広げようとすると、ムラになってしまったり、冷たいままのジェルを伸ばす時に肌に負担が掛かってしまいます。

また、乾燥肌の方はさくらんぼ大では乾燥が気になることがあるかもしれません。

乾燥が気になる場合は、目周りや口周りなど乾燥が気になる部分のみ重ねづけをしたり、化粧水や乳液と併用することをおすすめします。

シミトリーは柔らかく肌馴染みのよいテクスチャーなので、肌に負担をかけずに塗布することができます。

肝斑やシミなどに悩んでいる方は、肌の摩擦が原因になっていることが多いため、使用量の目安よりも少し多めの量を使用することで、肌の摩擦が軽減し、肝斑やシミの改善に繋がります。

 

 

 

シミトリーの使い方手順3・顔全体に馴染ませる

 

シミトリーの使い方、手順について紹介します。

シミトリーを適量(さくらんぼ大1個分)を手のひらに取ったら顔全体に万遍なく塗布します。

さくらんぼ大のジェルを手のひらにとったら、まずは手のひらをこすり合わせて、手のひら・指まで全体にジェルを伸ばします。

手のひら全体でジェルを伸ばすと、手のひらの温度でジェルが柔らかくなります。

ジェルを手のひら全体に伸ばしたら、乾燥が気になる目周りや口周りから塗布します。

ジェルを5点置きするとムラなく塗布することができますが、乾燥が強い場所から塗布したほうが、必要な場所に保湿成分をたっぷりと塗布することができます。

肌の状態に合わせて、5点置きで顔全体に満遍なくつけたり、目周りや口周りなど乾燥が気になる部分からつけるなど工夫をしましょう。

手のひらのみで塗布しようとすると強い力が入ってしまうため、人差し指・中指・薬指の3本を使って、優しく塗布しましょう。

目のキワや口周り、ほうれい線など、乾燥が気になる場所やシワができやすい場所は、皮膚を少し伸ばして指を沿わせるように塗布しましょう。

 

 

シミトリーの使い方手順4・ハンドプレスで浸透させる

 

シミトリーの基本的な使い方、手順について紹介します。

シミトリーを顔全体に塗布したら、最後は必ずハンドプレスで肌の奥に美容成分を押し込みましょう。

ハンドプレスをするのとしないのとでは、美容成分の浸透力が格段に違います。

手のひらは体の中で一番温度が高い部位と言われています。

ハンドプレスをすると、手のひらの暖かい温度で顔の毛穴が開きやすくなり、美容成分が肌の奥まで届きやすくなります。

ハンドプレスをする時は、各部位30秒程度の時間をかけて、ゆっくりと丁寧に行うとグングンと美容成分が浸透していきます。

オールインワンジェルに限らず、化粧水や乳液などのスキンケアアイテムは全て、最後はハンドプレスを加えると、少しずつ肌の変化に気づきますよ。

 

 

シミトリーの使い方手順5・老廃物をリンパに流す

 

シミトリーの基本的な使い方、手順について紹介します。

顔全体にジェルと塗布しハンドプレスを終えたら、耳から鎖骨に向かってゆっくりと3本指を滑らせ、顔の老廃物をリンパに流します。

リンパは筋肉の動きの刺激で運動をするため、筋肉の動きが少ない顔は老廃物が溜まりやすいと言えます。

鎖骨にはリンパの出口があり、顔の老廃物は全て鎖骨のリンパに集まってきます。

リンパの流れが悪いと顔の老廃物が溜まってしまい、むくみやたるみに繋がります。

スキンケアをする前に、鎖骨のリンパ部分を指でギュっと5秒ほど押さえるだけでも、リンパが流れやすくなります。

スキンケアの最後には、首から鎖骨にかけて指でマッサージをして、顔の老廃物が流れるようにしましょう。

首の後ろのリンパを流す部分は、横を向いた時に盛り上がる筋肉のある部分です。

首の前側には大きな神経が通る場所があり、こちらを力強く抑えると神経を圧迫してしまうことになるため触らないようにしましょう。

リンパを流す時は、ジェルが手に残った状態で行うと滑りがよく流しやすくなります。

滑りが悪い時は、乳液やクリーム、オイルなどを少量つけるとリンパがスムーズに流せますよ。

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1つで美白&保湿ができる!

 

 

 

 

[シミトリー/使い方]効果的な使い方/シミやくすみに効果的・美白効果を高める使い方

 

 

 

シミトリーの使い方、美白効果を高める使い方について紹介します。

シミトリーは基本的な使い方に加えて、化粧水や乳液を併用する、パックや美容液として使用する、美顔器と併用するなどスペシャルケアとして使えます。

シミトリーは1つで9つの役割があるため、基本的には化粧水や乳液などの併用は必要がありません。

でも、乾燥が気になる時、手持ちのスキンケアと併用したい時、時間があるときにじっくりケアしたい時など、好きなタイミングでさまざまな方法と組み合わせることができます。

化粧水や乳液などのスキンケアアイテムと併用する際の使う順番はとても重要です。

スキンケアの基本は水分量が多いアイテムから順番に塗布することです。

基本的なスキンケアの使い方を理解することで、より肌の状態に合わせたケアができるようになりますよ。

シミトリーの基本的な使い方に加えてスペシャルケアを加えることで、より美容成分が浸透しやすくなり、美肌に導くことができますよ。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

パックや美容液としても使える!

 

 

 

 

シミトリーの効果的な使い方1・化粧水や乳液などスキンケアアイテムと併用する

 

シミトリーの効果的な使い方、化粧水や乳液などのスキンケアアイテムと併用する際の注意点について紹介します。

シミトリーは1つで9役の美白オールインワンジェルなので、基本的には化粧水や乳液などを併用する必要はありません。

シミトリー1つで、化粧水・乳液・美容液・クリームなどの成分が含まれているからです。

でも、乾燥肌や敏感肌の方は、肌の奥の水分を蓄える力が低下しているため、オールインワンジェル1本では乾燥が気になることがあります。

乾燥が気になる場合や、手持ちのスキンケアアイテムを使用したい場合は、化粧水や乳液と併用することもできます。

シミトリーは1つで9役のオールインワンジェルですが、化粧水や乳液などアイテム1つ1つと比べると、配合量は少なくなります。

そのため、美白に特化した化粧水や美容液を併用する方もします。

肌の状態や、肌悩みに合わせてスキンケアの方法を工夫することが重要ですね。

オールインワンジェルはどのようなスキンケアアイテムとも併用できるため、自分に合ったスキンケアの組み合わせを見つけてみると、よりよい肌の状態になりますよ。

 

 

 

スキンケアアイテムと併用する時の使う順番について

 

シミトリーとスキンケアアイテムを併用する時の使う順番について紹介します。

化粧水・乳液・美容液・クリームなどさまざまなスキンケアアイテムがありますが、シミトリーと併用する時は使用する順番がとても重要です。

スキンケアの基本は、水分が多いアイテムから順番に塗布することです。

油分の多いスキンケアアイテムを使用すると、肌の表面に膜を作るため、その後につけるアイテムが浸透しにくくなります。

それぞれのスキンケアアイテムの浸透力をアップするためには、使う順番に気をつけるとよいですね。

化粧品のメーカーによっては、乳液の後に化粧水を使う、化粧水と乳液を混ぜて使うなど特殊な使い方をするケースもあります。

コスメデコルテやドゥラメールなどの有名ブランドは、スキンケアの順番が一般的な使い方とは異なるので、今使っているスキンケアの使い方を確認してからシミトリーを併用するようにしましょう。

水分量の多いアイテムは、化粧水⇒乳液⇒クリーム⇒オイルの順番です。

しかし、オイルは導入美容液として化粧水の前に使用する場合もありますし、スキンケアの最後に使用する場合もあります。

一般的なスキンケアアイテムと併用する場合は、化粧水⇒シミトリー⇒乳液⇒クリーム⇒オイルの順番に塗布すると、スキンケアアイテムの浸透を邪魔することがありません。

スキンケアアイテムは、化粧水のように水分量が多いものを洗顔後すぐに塗布することで、乾燥状態のお肌に水分を与えることができます。

洗顔後や入浴後の肌は急激に乾燥するため、肌の奥は水分を欲している状態なので、油分の多いアイテムから使ってしまうと、肌の奥の水分が足りない状態に油分で蓋をするような状態となるため乾燥してしまいます。

シミトリーは軽いテクスチャーで手に取ると瑞々しく肌なじみが良いため、化粧水と同じように肌の内部に美容成分を届けることができます。

スキンケアアイテムと併用する時は基本的には、化粧水⇒シミトリー⇒乳液⇒クリーム⇒オイルの順番で塗布し、シミトリー+乳液、化粧水+シミトリーなど、肌の状態や肌悩みに合わせてアイテムを選びましょう。

 

 

シミトリーを美白美容液として使用する

 

シミトリーは1つで9役の美白オールインワンジェルです。

化粧水や乳液としての機能はもちろん、美白美容液として使用することができます。

朝は時短のためのオールインワンジェルのみを使用するけど、夜はしっかりとスキンケアを行いたい!という場合は、手持ちのスキンケアアイテムに加えてシミトリーを美白美容液として使用することができます。

シミトリーには美白有効成分アルブチン、ビタミンC誘導体などが配合されており、シミやそばかすの予防に効果的です。

手持ちのスキンケアと併用することで、美白効果に繋がります。

美白美容液として使用する場合は、普段のスキンケアにプラスしてシミトリーを併用します。

化粧水⇒シミトリー⇒乳液⇒クリーム⇒オイルの順番で、手持ちのスキンケアアイテムにシミトリーを加えます。

美白美容液はたくさんの種類が販売されており、どれを選んで良いのか分からない方が多いようです。

美白美容液を追加すると、美容液としてしか使用できませんが、シミトリーは美白美容液としてだけではなく、ジェルパックやマッサージクリームとしての使用できるため、現在の肌悩みに合わせた使用ができます。

 

 

 

1つで9つの機能!美白&保湿が1つでできる美白オールインワンジェルはこちら

 

 

 

 

シミトリーの効果的な使い方2・年齢がでる部位や乾燥する部位にも塗布する

 

シミトリーの効果的な使い方、年齢が出やすい箇所のケアについて紹介します。

シミトリーは顔はもちろん、全身に使うことができるオールインワンジェルです。

年齢が出やすい部位である、デコルテ・首筋・手の甲・ひじ・ひざ・かかとなど乾燥しやすい部位に塗布することで保湿効果を高めることができます。

デコルテや首筋は、常に紫外線にあたる部分なので、肌はダメージを受けやすい箇所ですが、意外とUVケアをしていないことが多く、肌の乾燥が目立つ方が多いのです。

乾燥すると肌がカサつき、シワやシミが目立ってきます。

年齢を重ねると重力の関係で、顔や首の脂肪がたるみ筋や皮が目立ち、老けて見えます。

スキンケアを行う時は、手に残ったジェルをデコルテや首筋にも伸ばして保湿をしましょう。

手の甲は常に外気や紫外線にさらされており、ダメージを受けやすい部位です。

普段から家事や仕事などで水を使いますから、常に乾燥している方が多いのです。

年齢を重ねると手の甲がカサつき、筋や血管が目立って見えてしまう方が多いですよね。

スキンケアの際は、手に残ったジェルを手の甲や腕まで伸ばすと乾燥を防ぐことができます。

ひじ・ひざ・かかとは、自分では見えにくい部位ですが、他人からは目立つ場所です。

乾燥してカサカサになっていたり、黒ずんでいる方が多いですよね。

夏はサンダルや半袖を着るため、冬以上の乾燥が目立ちます。

カサつきが気なる部分は、週1回程度の角質ケアを行い、角質を柔らかくしてからジェルを塗布すると潤います。

カサカサの状態で美容成分を塗布しても浸透しないので、カサカサが気になる時は、入浴中などに角質ケアをすることをおすすめします。

 

 

 

1つで全身のケアができる!美白&保湿オールインワンジェルはこちら

 

 

 

シミトリーの効果的な使い方3・乾燥が気になる時は重ね塗りする

 

シミトリーの効果的な使い方、重ねづけの方法について紹介します。

目元は特に顔の中でも皮膚が最も薄い部位です。

皮膚の厚さは平均すると2mm程度ですが、まぶたの皮膚は3分の1の0.6mmしかありません。

皮膚が薄い部分は、肌の水分を蓄える角質層も薄くなるため水分の保持が難しく乾燥しやすくなります。

そのため、目元や口元に乾燥を感じる方が多いですし、乾燥が気になる部分はシミやシワなどの肌トラブルが集中することが多いのです。

意外と目元や口元は乾燥していても、オイリー肌や普通肌だと思っている方も多く、間違ったスキンケアをしているケースもあります。

1年を通してエアコンなどの空調が効いた場所で過ごすことが多い現代人は、1年中乾燥していることが多いです。

実は夏でも乾燥している方が多いですし、肌の内部は乾燥しているインナードライ肌の方も多いのです。

インナードライ肌の方は、肌の内部が乾燥していることが原因で、皮脂を過剰に分泌してしまうため、オイリー肌だと思いスキンケア方法を間違えてしまうことがあります。

どのような肌質の方でも、目元や口元は皮膚が薄く乾燥しやすいため、シミトリーを重ねづけして保湿をすることをおすすめします。

シミトリーの1回の適量はさくらんぼ大1個分ですが、乾燥が気になる時は、乾燥が気になる部分だけでも重ねづけすると保湿効果が高まります。

シミやシワなど、あらゆるエイジングサインの原因は肌の乾燥だと言われています。

乾燥が気になってからケアをするのも重要ですが、皮膚の薄い目元や口元は普段からシミトリーを重ねづけ(2回塗り)をすると、年齢を重ねてからの肌トラブルが軽減できますよ。

 

 

1つで美白&保湿できる!シミトリー公式サイトはこちら

 

 

 

シミトリーの効果的な使い方4・シミが気になる部分は重ね塗りする

 

シミトリーの効果的な使い方、シミが気になる部位のケアについて紹介します。

シミが気になる部位は、顔の高くなっている部位が多いですよね。

頬やTゾーンなど、顔の高くなっている部位は紫外線の影響を受けやすいためシミやそばかすが目立つゾーンです。

頬やTゾーンにシミやそばかすがあると、他人から見たときにも目立ちますし老けた印象を与えます。

シミやそばかすのある部位は、常にメラニンが活性化している状態となります。

シミやそばかすは肌にとっては炎症となるため、肌を外部の刺激から守るためにメラミンの生成を活発にします。

そのため、シミやそばかすのある肌は常にメラニンが活性化し、シミやそばかすがさらに出来やすい状態となっているため、美白ケアがとても重要です。

シミトリーには美白有効成分アルブチンや、ビタミンC誘導体が配合されており、メラニンの生成を抑制する働きがあります。

できてしまったシミを消すことはできませんが、シミやそばかすがあり常にメラミンが活性化している状態を改善することはできます。

シミが気になる部分は、シミトリーを2回塗り(重ね塗り)することで、より美白成分が浸透しやすくなります。

また、シミやそばかすの原因の多くは肌の乾燥なので、シミトリーに含まれる保湿成分を重ね塗りすることで、肌の内側からしっかりと保湿することができ、紫外線によるダメージを受けにくい肌にすることができます。

シミやそばかすが気になる方は、その部分だけでも重ね塗りをして、紫外線ダメージを受けにくい肌を目指したいですね。

 

 

 

紫外線ダメージを受けにくい肌になる!シミトリー公式サイトを見る

 

 

 

シミトリーの効果的な使い方5・朝晩で使用量を調整する

 

シミトリーの効果的な使い方、朝晩の使い方や使用量について紹介します。

シミトリーは美白オールインワンジェルなので、スキンケアはこれ1本で終了ですね。

朝は時短のためにオールインワンジェルを使っている方は多いですよね。

でも、寝る前のスキンケアは長時間の保湿が続くようにしたいですね。

夜は朝まで保湿効果が続くように、たっぷりと保湿をすることをおすすめします。

日中は、メイクや外気、紫外線などの刺激を受けた肌はとても疲れています。

夜はしっかりとメイクなどの汚れを洗い流し、美容成分をたっぷりと浸透させ、日中の肌のダメージをやわらげたいですね。

朝は忙しいからスキンケアやメイクはとにかく時短したい!という方は、ジェルの量を少量にしてすぐにメイクを始めたいと思うかもしれません。

しかし、しっかりと保湿をしない状態でメイクをすると、メイク崩れの原因となりますし、保湿がされていない肌はバリア機能が低下し、紫外線などの影響を受けやすくなります。

シミトリーはサラッとした軽いテクスチャーなので、適量を塗布してもすぐにサラサラの状態になり、メイクを開始することができます。

シミトリーを塗布してすぐにメイクを始めたい場合は、一度ティッシュを顔全体に当てて、余分な油分をoffしてから行うとメイク崩れを防ぐことができますよ。

寝る前のスキンケアは丁寧に行ったほうが、年齢を重ねてからの肌トラブルを軽減することができます。

ほとんどの肌トラブルの原因は肌の乾燥によるものなので、寝ている時間はしっかりと肌を保湿し、健康な肌状態を取り戻したいですね。

夜も時短したい!という方は、週末やお休みの前の日だけでも、寝る前のケアを丁寧にしっかりと行うことをおすすめします。

例えば、手持ちのスキンケアアイテムを併用したり、シートマスクを使用してからシミトリーを塗布したりなど保湿ケアを行います。

週1回か2週間に1回程度は酵素洗顔などで肌の角質をoffすると、美容成分の浸透力が高まり美肌に導きます。

夜は毎日ではなくても、週に1回は丁寧なスキンケアを行い保湿を心がけたいですね。

 

 

 

1本で美白&保湿できる!シミトリー公式サイトはこちら

 

 

 

シミトリーの効果的な使い方6・ジェルパックとして使用する

 

シミトリーの効果的な使い方、ジェルパックとして使用する方法について紹介します。

シミトリーはパックとしての機能を持つオールインワンジェルです。

そのため、スペシャルケアとしてジェルパックを取り入れている方も多いですね。

パックを行う理由は、やはり美容成分の浸透力アップのためです。

シミトリーでジェルパックをするときは、顔全体にさくらんぼ大2個程度の量(適量より多めの量)を塗布し、コットンやラップなどで密閉します。

ジェル+コットン、ジェル+ラップ、ジェル+コットン+パックなど、やりやすい方法で大丈夫ですが、密閉できる状態としましょう。

シートマスクを使ったことがある方は、普段のスキンケアに比べて保湿力の高さを実感された方が多いと思います。

シートマスクを使うと保湿力がアップするのは、美容成分を肌に密着させて浸透させるからです。

シミトリーのジェルパックも同じように、コットンやラップなどでジェルの美容成分をしっかりと肌に密着させ、浸透力を高めます。

ジェルパックを行うときは、入浴後・入浴中・スチーマー使用後など、皮膚が柔らかくなり、毛穴が開いている状態がおすすめです。

皮膚が硬い状態では、どんなによい化粧品を使用しても、美容成分が十分に浸透しません。

皮膚を柔らかくしてから、ジェルパックを行いましょう。

おすすめのスペシャルケアは、週に1回程度、湯船につかりながらジェルパックをすることです。

湯船に浸かりながら10分程度ジェルパックをすると、美容成分が肌の奥まで浸透し、プルプルのお肌になりますよ。

ジェルパックの注意点は、コットンやジェルが乾燥してきたと感じたら終了することです。

入浴後は肌に残ったジェルを馴染ませ、乳液やクリームで蓋をすると保湿効果が長く続きます。

入浴後の肌は一気に乾燥するため、ジェルパックの効果を持続するためにも、乳液やクリームを併用することをおすすめします。

乳液やクリームを併用する場合は、顔に水分が残っていない状態で、ジェルがしっかりと浸透してから塗布しましょう。

 

 

 

薬用美白オールインワンジェル「シミトリー」はこちら

 

 

 

シミトリーの効果的な使い方7・美顔器と併用する

 

シミトリーの効果的な使い方、美顔器との併用の方法について紹介します。

シミトリーは美顔器との併用が可能です。

美顔器を使用するときは、顔全体に満遍なくジェルを塗布し、コットンなどをつけずに美顔器を直接お肌に当てます。

美顔器の種類によってモードが異なりますが、イオン導入モードがついている美顔器を使用することをおすすめします。

イオン導入機能のある美顔器は、水溶性の成分でなければ肌に浸透することがないため、使用する化粧品の成分を確認しましょう。

イオン導入の効果を得られる水溶性の成分は、ビタミンC誘導体・プラセンタなどです。

逆に油溶性のビタミンやオイルなどは電気を帯びないため、肌に浸透することができません。

シミトリーにはビタミンC誘導体が含まれるため、イオン導入をすることで、より浸透力アップが期待できます。

イオン導入に使用する化粧品を選ぶときは、無添加や防腐剤などの添加物がフリーのモノを選ぶと安心です。

イオン導入の際は、肌によい成分だけではなく、防腐剤や着色料などの添加物も一緒に浸透させてしまうことがあります。

シミトリーは、防腐剤や着色料など7つの無添加なので、イオン導入をしても安心の商品ですね。

イオン導入を行う際は、回数の制限を守るようにしましょう。

多くの美顔器は、イオン導入は週に2回程度としているため、毎日のように使用しないように注意しましょう。

 

 

 

美顔器との併用ができる!ビタミンC誘導体配合のオールインワンジェルはこちら

 

 

 

シミトリーの効果的な使い方8・日焼け後のケアとして使用する

 

シミトリーの効果的な使い方と、日焼け後のケアの方法について紹介します。

長時間紫外線を浴びて、日焼けしてしまった!顔が真っ赤!ヒリヒリして皮がむけた!なんてこともありますよね?

日焼け後の肌は、火傷を負った状態と同じです。

長時間の紫外線を浴びると、肌が真っ赤になってヒリヒリして、その後は黒くなりますね。

肌が赤くなりヒリヒリする状態は、肌の炎症反応によって起こります。

肌は炎症が起きると、防御反応としてメラミンの生成を活性化します。

その結果、赤みやヒリヒリが落ち着いた後に、皮膚が黒く焼けてしまいます。

日焼けをしてしまったときは、すぐに炎症を押さえることが重要です。

 

 

日焼けについて

日焼け現象には2種類あります。ひとつは、紫外線に当たった直後には発症せず2〜6時間後に皮膚が赤くなり、痛みが6〜48時間の後に最もひどくなるサンバーン(sunburn)と、もうひとつは、24〜72時間の間に色素沈着が進行するサンタン(suntan)です。

サンバーンは紫外線UVBが表皮を透過し、真皮乳頭体まで達した結果、乳頭体内の毛細血管が充血し、皮膚の色が赤くなった状態を指します。その際紫外線量がメラニン色素の防御反応を超えていると、表皮細胞が傷を受け発熱や水泡、痛みが起きます。医学的にはこれを日光皮膚炎といいます。

一方、サンタンは紫外線UVAがメラノサイトに働きかけ、メラニン色素の生成を促すために生じ、紫外線を浴びてからしばらく後で皮膚が浅黒く変色します。UVAは真皮の深部まで到達しシワ、タルミの原因になります。(引用:三豊・観音寺市医師会

上記のように、紫外線を浴びて肌が炎症を受けてから24〜72時間の間に色素新着が進行するとされています。

そのため、日焼けしてしまったら、すぐに炎症の熱を和らげ、メラニン生成の活性化を押さえる必要があります。

日焼けしてしまったら、とにかく熱を冷ますために冷やしましょう。

シミトリーを冷蔵庫で冷やし、日焼けしてしまった部分に塗布します。

日焼けした肌は乾燥しやすいため、何度も冷たく冷やしたシミトリーを繰り返し塗布します。

濡れたタオルや、ハンカチで巻いたアイスノンなどを使用するのもよいですね。

日焼けをしてしまったら、赤みやヒリヒリが取れるまでは冷やし、メイクなど肌への刺激になることは避け、それ以上に紫外線を浴びてしまわないように、帽子やスカーフなどを使用しましょう。

日焼けをそのまま放置してしまうと、シミやそばかすの原因となるため、日焼けしたらすぐにケアを行いましょう。

 

 

 

1本でシミ&そばかすを予防できる!シミトリーはこちら

 

 

 

 

シミトリーの効果的な使い方9・化粧下地として使用する

 

シミトリーの効果的な使い方と、化粧下地として使用する際の注意点について紹介します。

シミトリーは、化粧下地の機能があるオールインワンジェルです。

化粧下地の効果があるため、ジェル塗布後は化粧下地の手間を省くことができるため時短に繋がりますよね。

化粧下地の目的は、メイクの密着力を高めてメイク崩れを予防することです。

メイク崩れを予防する上で最も重要なのは、肌の保湿をしっかりとすることです。

乾燥するとメイク乗りが悪いだけでなく、乾燥による皮脂の過剰分泌が起きメイク崩れに繋がります。

シミトリーは10種の天然由来保湿成分を配合しており、長時間の保湿が可能です。

そのため、スキンケアの段階でしっかりと肌が保湿されているため、メイク崩れが起きにくくなります。

また、しっかりと保湿された肌はバリア機能を発揮することができ、紫外線によるダメージを全面に受けることがありません。

バリア機能が整った肌は紫外線をある程度、跳ね返すことができるため、シミやそばかすの原因を作りません。

シミトリーを化粧下地として使用する場合は、シミトリーにはUVカット機能はないため、UVカット効果のあるファンデーションやパウダーを併用する必要があります。

UVカット効果のあるファンデーションやパウダーを持っていない場合は、ジェルを塗布した後に日焼け止めを塗布したり、メイク後にUVカットスプレーを吹きかけることをおすすめします。

UVカットアイテムは肌が乾燥しやすくなるため、シミトリーでしっかりと保湿をすることで肌内部の乾燥を予防することができますよ。

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1本で美白&保湿ができる!

 

 

 

[シミトリー/使い方]効果がでない人の共通点と使い方の注意点

 

 

「シミトリー使っても、シミが消えない!」

「ポロっとシミが剥がれると思ったのに!」

シミトリーを使用しても効果を実感できない人は、シミがすぐに消えると思っている方が多いようです。

使い始めてすぐにシミが消えると思ったのに、数週間使ってもシミが消えないからと使用を辞めてしまうケースが多いのです。

しかし、シミと肌のターンオーバーは深く関係しており、肌のターンオーバーを正常化しなければ、シミやそばかすを改善・予防することはできません。

加齢と共に肌のターンオーバーは長期化してしまい、肌の修復力は衰えていきます。

シミトリーを効果的な使うためには、肌のターンオーバーの正常化が実感できる期間、続けて使用する必要があります。

毎日、継続して使用することで美肌に導くことができますよ。

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1本で美白&保湿ができる!

 

 

 

 

シミトリーの使い方の注意点1・毎日継続して使いましょう

 

シミトリーの使い方と、毎日継続して使う必要性について紹介します。

シミトリーの効果を実感できない方の多くは、シミが早期に解決できないとすぐに継続を辞めてしまいます。

数日~数週間でシミやそばかすが改善することは有り得ません。

シミは、肌のターンオーバーが乱れメラミンを排出できなくなることで起こります。

肌のターンオーバーの乱れは、加齢やストレス、紫外線などさまざまな原因で起こります。

つまり、シミやそばかすの改善のためには、肌のターンオーバーを正常化する必要があるのです。

肌のターンオーバーを正常化することは、肌質を改善することと同じなので、とても時間がかかるのです。

加齢により肌のターンオーバーが乱れるのは、新しい肌細胞を作り肌を修復する力が衰え、古い角質をを押上げて表面に新しく健康な表皮に入れ替えることができなくなるからです。

年齢を重ねると新陳代謝が低下し、新しい肌細胞がスムーズに作ることができなくなるため、肌細胞の生まれ変わりが滞ります。

その結果、新し肌細胞が表皮に押し上げられ、古い角質を剥がすことができません。

古い角質が停滞しているため、美容成分が肌の奥まで浸透することができません。

このような状態では、どんなによい化粧品を使っても効果を実感できません。

メラニンは、肌のターンオーバーにより角質と共に排出されるため、肌のターンオーバーが正常なら色素沈着が定着しシミになることもありません。

肌のターンオーバーが乱れるとメラニンを排出することができずに肌の奥に停滞するため、肌の奥に根深く停滞し、いずれシミとなって現れます。

できてしまったシミを消すということは、肌の奥に根付いているメラニンを排出させる必要があります。

すでにできてしまったシミを短期間で完全に消すことは、レーザー治療でも難しく根気のいることです。

そのため、シミトリーを毎日継続して使い、肌のターンオーバーを正常化することからスタートしましょう。

使い始めてすぐは全く変化を感じないのですが、肌質の改善には3~6ヶ月は必要となるため、継続して使用することをおすすめします。

 

 

 

シミトリーの使い方の注意点2・朝晩の2回使用する

 

シミトリーの使い方と、使用頻度について紹介します。

シミトリーを効果的な使いたい方は、朝晩の2回使用することをおすすめします。

朝はシミトリーでしっかりと保湿をすることで、メイク崩れを予防したり、保湿により肌のバリア機能を高め紫外線などの外部からの刺激を受けにくくします。

日中は室内であっても紫外線を浴びている状態です。

UVケアをしていても、眼球からも紫外線が入ってきてメラニンの生成が活発化するため、日中は長時間の保湿が可能なケアを行う、紫外線などの外部刺激を受けにくい肌を作ることが重要です。

夜は日中に受けた肌へのダメージを和らげるために、しっかりとケアをするのが重要です。

日中は紫外線やメイクなどの刺激で肌には負担がかかっています。

顔の皮膚は1年中、外気にさらされているためさまざまな刺激を受けやすいのです。

寝ている間は紫外線を受けることもありませんから、ゆっくりと肌を休ませましょう。

寝る前のスキンケアは、朝まで保湿が続くようにするのがポイントです。

朝起きたら肌がガサガサだった・・・なんてことはありませんか?

肌が乾燥しているということは、肌の内部の水分を蓄える機能が低下している状態です。

肌の内部の水分が十分でないと、肌細胞の働きが悪くなり肌を修復できません。

十分に潤っている肌は、肌細胞の働きが活発であり、肌の新陳代謝を高めます。

肌の新陳代謝が高まると肌のターンオーバーが正常化し、肌のバリア機能が向上します。

肌は常に水分で満たされた状態にすることで、シミやそばかすの改善や予防が可能です。

朝夕の1日2回の使用で、1日を通して保湿された状態を保つことができるため、シミやそばかすの予防に繋がりますよ。

 

 

 

シミトリーの使い方の注意点3・シミが気にならなくなった後も継続する

 

シミトリーの使い方、シミが気にならなくなったとのケアについて紹介します。

シミトリーを継続して使用していると、顔のくすみがなくなってシミが目立たなくなったり、薄いシミがなくなったりするケースが多いです。

顔がくすんでいると顔のトーンが暗く、シミやそばかすが目立って余計に顔色が悪く見えてしまいます。

くすみや薄いシミがなくなることで、肌がトーンアップし若々しく見えます。

しばらく使っていたらシミが目立たなくなったから、使用を辞めてしまった・・・・という方もいますが、肌のコンディションをキープする目的で、使用を継続することをおすすめします。

シミトリーの継続をおすすめする理由は、シミやそばかすの原因となる肌の乾燥を防ぐ効果が高いからです。

シミトリーに含まれる10種の天然由来保湿成分は、長時間の保湿が可能であり、肌の内部の水分を蓄える力を引き出します。

肌の内部の水分を蓄える力が向上すると、肌のバリア機能が高まり紫外線などのダメージから肌を守ることができます。

瑞々しく潤った肌は紫外線によるダメージを受けにくくなるため、新しいシミやそばかすができにくくなります。

目には見えない隠れたシミや、肌の置くに停滞しているメラニンなどは、時間が経ってからシミとして現れます。

そのため、シミが目立たなくなった後も継続的にシミトリーを使用することをおすすめします。

 

 

 

シミトリーの使い方の注意点4・保管状態に気をつける

 

シミトリーの使い方、保管状態の注意点について紹介します。

シミトリーを使うときは、品質が低下しない環境で保管するように注意が必要です。

シミトリーは、着色料・香料・防腐剤(パラベン)など7つの種類が無添加となっています。

化粧品に含まれる防腐剤は、品質維持や安全管理の面では必要な添加物とも言えます。

その中でもパラベンは安価で強力な防腐効果があるため、多くの化粧品で使用されています。

しかし、パラベンは毛穴つまりを起こしやすい、敏感肌の人には刺激が強いなどの理由から添加を控えるメーカーも増えてきました。

シミトリーは防腐剤(パラベン)が無添加なので、保管場所に注意して品質が劣化しないように注意が必要です。

シミトリーの保管場所は脱衣所やお風呂場など、高温多湿な場所は避けましょう。

多くの化粧品や高温・湿気に弱いため、置き場所に注意をしないと品質が劣化してしまいます。

開封後は得に容器の中に雑菌などが繁殖しないように、保管場所が重要です。

1日を通して温度差が少ない場所(洗面台の下など)、湿度が一定の場所、直射日光が当たらない場所を選びましょう。

開封後は冷蔵庫で保管すると、雑菌の繁殖を防ぐことができるため、品質をキープすることができます。

開封後はなるべく早く(6ヶ月以内)使い切るようにしましょう。

シミトリーを朝のみ、または夜のみしか使わない場合は、1ヶ月では使い切れずに商品が余ってしまうことがあります。

そのような場合は、週に1回などのペースで、ジェルパックをしたり、美白美容液として多めに塗布するなどしましょう。

シミトリーの1回使用量の目安を守ることで、開封後の商品を品質を保持したまま使い切ることができますし、美白効果も高まるので一石二鳥ですね。

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

14日間の全額返金保証で安心!

タイトルとURLをコピーしました