[シミトリー シミウス/比較]成分・価格・効果の違い/どっちがいいのか検証

[シミトリー シミウス/比較]配合成分から効果を比較しました

シミトリーとシミウスを効果で比較しました。

シミトリーとシミウスの全成分や美白有効成分の種類から、美白効果・シミへの効果・くすみへの効果など期待される効果について検証しました。

シミトリー、シミウスはどちらも医薬部外品の美白オールインワンジェルですが、配合されている美白有効成分は全く異なります。

シミトリーの特徴は、美白有効成分「アルブチン」と美容成分のフラバンジェノールを同時に配合することで、ビタミンCの600倍・コエンザイムQ10の250倍の美容効果を発揮します。

シミウスの特徴は、2種類の美白有効成分「プラセンタエキス」と「グリチルリチン酸ジカリウム」の作用の違いにより、シミやそばかすに別々のアプローチをすることができます。

シミやそばかすを徹底的にケアしたい方は断然、シミトリーがおすすめです!

 

 

シミトリーの公式サイトへ

 

 

 

シミトリーとシミウスを配合成分(効果)で比較

 

シミウスの全成分シミトリーの全成分
【有効成分】
グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス【その他の成分】
精製水、1.3-ブチレングリコール、濃グリセリン、プロピレングリコール、1.2-ペンタンジオール、水溶性コラーゲン液、シコンエキス、サクラ葉抽出液、ヒアルロン酸ナトリウム、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス、トウキンセンカエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、カリボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル重合体、水酸化カリウム、パラオキシ安息香酸メチル、フェノキシエタノール、エタノール、青1、赤106、香料
【有効成分】アルブチン

【その他の成分】フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

 

 

シミトリーとシミウスを美白有効成分で比較

 

シミトリーの美白有効成分は「アルブチン」1種類です。

シミウスの美白有効成分は「プラセンタエキス」と「グリチルリチン酸ジカリウム」の2種類です。

これらの成分は全て、美白有効成分として厚生労働省に認可されている成分です。

シミトリーもシミウスも、どちらも医薬部外品の美白オールインワンジェルなので、厚生労働省が定める美白有効成分を規定範囲内で配合しています。

現在、美白有効成分として厚生労働省が認定している成分は20種類以上あり、アルブチン・プラセンタエキス・グリチルリチン酸ジカリウムは、どれも薬用美白化粧品に配合されている成分です。

これらのうち美白効果が圧倒的に高い成分はありません。

美白有効成分はあくまでも「シミやそばかすの予防に効果的」な成分であり、できてしまったシミやそばかすを改善することはできません。

そのため、美白有効成分の種類だけで効果を決めることはできません。

美白有効成分の種類だけではなく、その他の美容成分の種類や効能がとても重要です。

化粧品の成分は、単独では大きな効果は発揮できなくても、複数の成分を同時に配合することで大き案効果を発揮する(相乗効果)が見られる組み合わせがあります。

できてしまったシミやそばかすにアプローチできる成分が配合されているのは、シミトリーとシミウスのどちらの商品なのかは、その他の成分を検証してみる必要があります。

 

 

美白有効成分の種類だけではどちらが効果が高いのかは判断できない

 

先ほど説明をしたように、美白有効成分の種類だけではどちらの商品が美白効果が高いのかは判断ができません。

どちらの商品が美白効果が高いのかは、その他の商品の種類や効能を1つ1つ検証する必要があります。

医薬部外品の美白化粧品は、「美白有効成分」を表示することができますし、一般の化粧品に比べて美白有効成分が規定量内で入っているため、美白効果が期待できることは間違いありません。

しかし、薬用化粧品には必ず美白有効成分が配合されているため、どちらの商品の方が美白効果が高いのかは、美白有効成分の種類だけでは分からないのです。

薬用化粧品も、一般的な化粧品も、できてしまったシミやそばかすを完全に消すことはできません。

できてしまったシミやそばかすを消すことができるのは、医療レーザーによる治療や内服薬の服用など、医療機関での治療が必要です。

でも、薬用化粧品でも美白有効成分とその他の美容成分を組み合わせることで、高い美白効果を発揮し、できてしまったシミやそばかすを薄く目立たなくすることや、顔全体のくすみを解消しシミやそばかすを目立たなくすることはできるのです。

では、美白有効成分の種類以外に、どのような美容成分を配合している商品を選べば良いのか紹介します。

 

 

 

シミトリーもシミウスも「乾燥によりシミやそばかす」を解消する成分を配合している

 

シミトリーもシミウスも、乾燥によるシミやそばかすを解消するために、保湿効果の高い成分を豊富に配合しているのが特徴です。

夏の紫外線の強い時期は、肌が乾燥してゴワゴワしたり、シミやそばかすが目立ってトラブルが多い!と思ったことはありませんか?

夏の強い紫外線は肌の奥の真皮まで到達し、肌のコラーゲンを破壊し乾燥させます。

肌の真皮ではコラーゲンやヒアルロン酸などのうるおい成分が水分を抱え込むように存在し、肌の弾力やハリを支えています。

しかし、コラーゲンが破壊されてしまうと水分を抱え込むことができなくなるため、インナードライ肌の状態となります。

肌は乾燥するとバリア機能が低下し、ますます紫外線によるダメージを受けやすくなります。

また、紫外線によるダメージにより肌のターンオーバーが乱れ、過剰なメラニンを排出することができなくなり、シミやそばかすが現れます。

水分を失った肌はハリがなく萎んでしまっているため、肌はくすんで見えます。

つまり、肌は乾燥が原因でシミやそばかす、くすみが起こるのです。

そのため、シミトリー・シミウスは、どちらの商品も乾燥を改善することで、乾燥によるシミやそばかす、くすみを改善する成分が豊富に含まれています。

 

 

 

シミトリーとシミウスの保湿成分を比較/乾燥によるシミやそばかすに効果的なのはどっち?

 

項目シミウスシミトリー
保湿成分水溶性コラーゲン シコンエキス サクラ葉抽出液 ヒアルロン酸Naフラバンジェノール ビルベリー葉エキス ユキノシタエキス マロニエエキス カンゾウフラボノイド 天然ビタミンE セラミド3 オリブ油 スクラワン シア脂

 

 

シミウスの保湿成分「4種類」・シミトリーの保湿成分「10種類」

 

シミトリーとシミウスを保湿成分の種類で比べてみると、シミトリーは「10種類」、シミウスは「4種類」です。

これらの保湿成分は公式HPの記載のある成分を元にしており、これら以外にも「グリセリン」がシミトリーにもシミウスにも配合されています。

シミトリーの配合成分を配合量の多いものから順番に見てみると、最も配合量の多い成分は「フラバンジェノール」となっています。

化粧品の成分を見るときは、配合量が多い成分はどのようなものか?を見てみると、効果や効能が分かりますね。

シミウスの配合成分を配合量の多いものから順番に見てみると、最も配合量の多い成分は「精製水」「グリセリン」となっています。

シミウスは、水分と油分が最も配合量が多いジェルです。

シミトリーの主な成分であるフラバンジェノールは、高い保湿効果のある成分で、シミトリーの美白有効成分であるアルブチン(ハイドロキノン誘導体)を同時に配合することで相乗効果を発揮し、角質細胞を潤いで満たし、長時間の保湿が可能です。

つまり、シミトリーとシミウスにはそれぞれ保湿効果の高い成分が豊富に含まれていますが、配合量の多い主な成分の種類や役割を見ると、シミトリーの方が保湿効果が高く、乾燥によるシミやそばかすに効果的と言うことが分かりますね。

 

シミトリーの公式サイトを見る

 

 

シミトリーの主な保湿成分は「フラバンジェノール」/シミウスの主な保湿成分は「コラーゲン」

 

シミトリーとシミウスの、配合量の多い成分を見てみると、シミトリーの主な保湿成分は「フラバンジェノール」、シミウスの主な保湿成分は「コラーゲン」となります。

シミトリーの保湿の鍵となるフラバンジェノールは、多くの化粧品に配合されている成分ではないので、聞いたことがない方も多いのではないでしょうか?

シミウスの保湿の鍵となる水溶性コラーゲンは、多くの保湿化粧品に配合されている成分なので、知っている方も多いと思います。

 

 

シミトリーの主な保湿成分「フラバンジェノール」って何?

 

フラバンジェノールってあまり聞きなれない成分ですよね?

シミトリーの販売や製造を手がけている株式会社フォーマルクラインの公式HPによると、フラバンジェノールはビタミンCの600倍の美容パワーを持つ注目の美容成分です。

 

フラバンジェノール®は、フランス南西部ランド地方に広がる海岸松の樹皮から抽出された天然由来のポリフェノール。強い紫外線や潮風から身を守るために蓄えられたと考えられているポリフェノールを豊富に含むフラバンジェノール®は、女性の肌を若々しく保つ力を秘めています。(株式会社フォーマルクライン

 

フラバンジェノールにはさまざまなパワーが秘められています。中でも注目なのがその美容パワー。ビタミンCの約600倍、コエンザイムQ10の約250倍と言う驚きの美容パワーを秘めています。(株式会社フォーマルクライン

 

フラバンジェノールは、角質細胞の水分量を増やす効果が立証されており、紫外線ダメージによる乾燥から肌を守る効果が期待されます。

フラバンジェンーるは南フランスの海岸松の樹皮から取れる天然の成分です。

 

 

シミウスの主な保湿成分「水溶性コラーゲン」って何?

 

コラーゲンはもともと、人間の真皮に存在する成分で、肌の弾力やハリを支えています。

年齢とともにコラーゲンは減少するため、肌は弾力やハリを失い、たるみや乾燥の原因となります。

シミウスには水溶性コラーゲンと油溶性コラーゲンの両方が配合されています。

コラーゲンは保湿効果の高い成分ですが、水溶性コラーゲンは分子が大きく、肌の奥まで浸透することができません。

コラーゲンは、肌の水分蒸発を防ぐことで水分量の保持が可能となり、保湿効果が認められています。

しかし、水溶性コラーゲンは肌の奥に浸透することができないため、肌表面に留まることによる肌内部の水分が蒸発を防ぐ効果は期待できます。

つまり、肌内部の保湿にはあまり効果はないと言えます。

 

 

シミトリーはシミウスより保湿効果が高い

 

シミトリーとシミウスの保湿成分の種類や配合量などを見ると、肌の内部まで浸透し、肌の内側からしっかりと保湿が可能なのは、シミトリーであると言えます。

肌の乾燥はシミやそばかすだけではなく、シワやたるみ、毛穴の開き、ニキビなどさまざまな肌トラブルの原因となります。

シミウスは肌表面の水分を保持する効果は期待できそうですが、肌の内部までしっかりと保湿する効果は期待できません。

シミトリーはシミウスよりも多くの保湿成分を配合し、肌内部にしっかりと浸透する成分を豊富に配合しています。

そのため、肌の内部をしっかりと保湿し、肌表面では肌の水分が蒸発しないように保湿をすることができます。

乾燥によるシミやそばかすを改善するなら、シミウスよりもシミトリーがおすすめです。

 

シミトリーの公式サイトはこちら

 

 

シミトリーとシミウスの主要成分から保湿&美白効果を比較する

 

項目シミウスシミトリー
美白成分プラセンタエキス  グリチルリチン酸ジカリウムハイドロキノン誘導体  浸透持続型ビタミンC誘導体
保湿成分水溶性コラーゲン  シコンエキス  サクラ葉抽出液  ヒアルロン酸Na高濃度フラバンジェノール  10種の天然由来保湿エキス(フラバンジェノール ビルベリー葉エキス ユキノシタエキス マロニエエキス カンゾウフラボノイド 天然ビタミンE セラミド3 オリブ油 スクラワン シア脂)

 

 

シミトリーの方がメラニンの排出に効果的な成分が豊富

 

シミトリーの美白成分を見ると、美白有効成分のアルブチン(ハイドロキノン誘導体)に加えて、浸透持続型ビタミンC誘導体が配合されています。

ビタミンC誘導体は、活性酸素の除去をする働きがあり、紫外線を浴びることで生じる活性酸素を除去することでメラニンの生成を抑制し、シミやそばかすを防ぐことができます。

また、美白有効成分のアルブチン(ハイドロキノン誘導体)と高濃度フラバンジェノールを同時に配合することで、シミウスの美白有効成分であるプラセンタエキスの約10倍の美白効果を得ることができます。

つまり、シミトリーはシミウスよりも美白効果が高いと言えます。

シミトリーは美白成分だけではなく、高い保湿効果のある成分を豊富に配合することで、乾燥によるシミやそばかすを予防し、肌のターンオーがーの正常化によりできてしまったシミやそばかすにアプローチすることができます。

シミトリーは、シミやそばかすの予防だけではなく、すでにできてしまったシミやそばかすをケアしたい方にも効果的と言えますね。

 

シミトリー公式サイトはこちら

 

 

 

シミトリーとシミウスを機能(役割)で比較

 

シミウスシミトリー
化粧水

乳液

アイクリーム

保湿

美容液

マッサージ

クリーム

パック

化粧下地

美白

(1つで10役)

美白化粧水

美白美容液

乳液

美白クリーム

化粧下地

アイクリーム

パック

マッサージ

保湿

(1つで9役)

 

 

シミトリー、シミウスはどちらも、化粧水・乳液・美容液・クリームの役割を持っています。

どちらもパックやマッサージクリームとしても使用することができ、機能性はどちらも遜色ありません。

シミウスはマッサージ併用が推奨されているためマッサージジェルとしての役割が大きく、シミトリーはマッサージ併用タイプではないため、一般的なオールインワンジェルと同じ機能を持ち合わせています。

機能性はどちらも五分五分といったところで、どちらも良いと言う結果になりました。

 

 

シミトリーの公式サイトを見る

 

シミウスの公式サイトを見る

 

 

 

 

[シミトリー シミウス/比較]@コスメの口コミ評価からどっちがいいか検証しました

 

シミトリーとシミウスを、@コスメの口コミ評価からどっちがいいのか検証しました。

@コスメでは、総合評価だけではなく「美白効果」「保湿効果」「低刺激」など、それぞれの効果についての口コミを見ることができます。

@コスメはリアルなユーザーの本音が聞けるため、人気の商品や有名な商品が@コスメでは評価が悪かったり、無名な商品が高評価だったりすることも多いですよね。

@コスメの評価から、実際に商品を使用したユーザーの本音から、より口コミ評価が高いのはどちらなのか比較しました。

 

 

シミトリーの総合評価「✩5.3」/シミウスの総合評価「✩5.2」

 

シミトリーの@コスメでの総合評価は✩5.3(7点満点)です。

シミウスの@コスメでの総合評価は✩5.2(7点満点)です。

@コスメでは、✩7点の商品はほぼなく、✩6以上もかなり少数です。

やはり実際のユーザーの評価なので、品質だけではなくコスパや、メーカーの対応など細かく判定しています。

そのため、評価は辛口な意見が多く、✩5以上の商品は優秀ですし、高評価と言えます。

シミトリーもシミウスも大差のない評価となっており、どちらの商品も@コスメ内で高評価の商品と言えそうです。

では次に、美白効果や保湿効果などについて細かく見ていきたいと思います。

 

 

 

シミトリーとシミウスを@コスメの口コミ件数で比較

 

項目シミウスシミトリー
@コスメの口コミ件数2,009件388件

※2019年8月現在

 

シミトリーとシミウスの@コスメの口コミ件数は、シミトリーが「388件」、シミウスが「2,009件」で、シミウスの口コミ件数の方が圧倒的に多いですね。

やはり、@コスメでは知名度の高い商品の方が口コミ件数が多くなるので、シミトリーよりもシミウスの方が知名度が高いようですね。

 

 

項目シミウスシミトリー
発売開始日2011年8月~2017年8月~
累計販売個数1,000万個非公開

※2,019年8月現在

 

シミウスは2011年8月から発売を開始しているロングセラー商品のため、累計販売個数も多く知名度の高い商品です。

発売から8年も経っていますから口コミも多いのですね。

シミトリーは2017年8月から発売を開始している商品であり、まだ販売からそれほど期間が経っていないため、知名度はシミウスよりも劣ります。

知名度や長い間たくさんの方に支持されている商品はシミウスと言えそうですね。

 

シミウスの公式サイトを見る

 

 

 

 

シミトリーとシミウスを@コスメの口コミから比較/美白効果を比較

 

シミトリー、シミウスの@コスメの口コミを「美白効果」に絞って検証しました。

どちらの商品がより美白効果を実感した方が多いのか見てみましょう。

 

項目シミウスシミトリー
美白効果に関する口コミ(✩4以上)920件/2,009件中(45%)208件/388件中(53%)
美白効果に関する口コミ(✩5以上)845件/2,009件中(42%)180件/388件中(46%)

 

シミトリーの美白効果に関する口コミでは、✩4以上をつけた方の割合は53%、✩5以上をつけた方の割合は46%です。

シミウスの美白効果に関する口コミでは、✩4以上をつけた方の割合は45%、✩5以上をつけた方の割合は42%です。

シミトリーとシミウスでは、@コスメのユーザーが美白効果をより実感したのはシミトリーと言えます。

 

シミトリーの公式サイトを見る

 

 

 

シミトリーとシミウスを@コスメの口コミから比較/うるおい(保湿)効果を比較

 

シミトリーとシミウスの@コスメでのうるおい(保湿)効果に関する口コミに絞って、どちらが保湿効果が高いのか検証しました。

シミトリーもシミウスも高い保湿力があるとされていますが、実際に使ってみた方の感想はどうでしょうか?

 

 

項目シミウスシミトリー
保湿効果に関する口コミ(✩4以上)1,051件/2,009件中(52%)227件/388件中(58%)
保湿効果に関する口コミ(✩5以上)973件/2,009件中(48%)208件/388件中(53%)

 

シミトリーの保湿(うるおい)効果に関する口コミでは、✩4以上をつけた方の割合は58%、✩5以上をつけた方の割合は53%です。

シミウスの保湿(うるおい)効果に関する口コミでは、✩4以上をつけた方の割合は52%、✩5以上をつけた方の割合は48%です。

シミトリーはシミウスよりも保湿効果を実感した方の割合が高く、シミトリーの方が保湿効果が高いと言えます。

 

シミトリーの公式サイトを見る

 

 

シミトリーとシミウスを@コスメの口コミから比較/低刺激(安全性)を比較

 

シミトリーとシミウスを@コスメの口コミから、低刺激に関するものに絞り検証しました。

シミトリーとシミウスでは、より安全性が高く低刺激なのはどちらなのか見てみましょう。

 

項目シミウスシミトリー
低刺激(安全性)関する口コミ(✩4以上)602件/2,009件中(29%)158件/388件中(40%)
低刺激(安全性)に関する口コミ(✩5以上)564件/2,009件中(28%)138件/388件中(35%)

 

シミトリーの低刺激(安全性)に関する口コミでは、✩4以上をつけた方の割合は40%、✩5以上をつけた方の割合は35%です。

シミウスの低刺激(安全性)に関する口コミでは、✩4以上をつけた方の割合は29%、✩5以上をつけた方の割合は28%です。

シミトリーはシミウスよりも、低刺激で安全性が高いと感じる方が多いですよね。

敏感肌の方や、乾燥が酷い方はバリア機能が低下しているため低刺激で安全性の高いシミトリーがおすすめです。

 

シミトリーの公式サイトはこちら

 

 

 

「美白効果」「保湿効果」「安全性」の3つでシミトリーの方が高評価/@コスメの口コミ

 

@コスメの口コミを、「美白効果」「保湿効果」「安全性(低刺激)」にそれぞれ絞って、シミトリーとシミウスの評価を検証しました。

「美白効果」「保湿効果」「安全性(低刺激)」の3つのポイント全てで、シミウスよりもシミトリーの方が@コスメ内の評価が高く、シミトリーの方が効果的なオールインワンジェルと言えます。

特に、シミトリーもシミウスも「乾燥によるシミやそばかすを改善する」商品であると紹介されていますから、保湿力が高くなければ意味がありませんよね。

より保湿効果が高いと実感したユーザーが多いシミトリーは、「乾燥によるシミやそばかすの改善」に効果的と言えますね。

新しいシミやそばかすの予防だけではなく、できてしまったシミやそばかすのケアに効果的なのはシミトリーと言えそうです。

 

 

シミトリー・シミウス・シズカゲル/@コスメで高評価なのはどれ?

 

シミトリー、シミウス、シズカゲルは全て薬用美白オールインワンジェルです。

全て医薬部外品のため、美白有効成分が配合されており、それぞれ美白効果が高いオールインワンジェルとして人気の商品です。

比較されることの多い、シミトリー、シミウス、シズカゲルの3つを@コスメの評価からどれが最も効果的な商品なのか見てみましょう。

 

 

項目シミウスシミトリーシズカゲル
@コスメの総合評価✩5.2✩5.3✩4.6
美白有効成分プラセンタエキス

グリチルリチン酸ジカリウム

アルブチンアルブチン

グリチルリチン酸ジカリウム

 

シミトリー シミウス シズカゲルの@コスメでの総合評価は、シミトリーが「✩5.3」、シミウスが「✩5.2」、シズカゲルが「✩4.6」です。

シミトリーとシミウスは高評価をする方が多く満足度が高い商品ですが、シズカゲルは合う人には合うが合わない人も多いといった評価になっています。

シズカゲルは、美白有効成分は配合されている主要成分(フラバンジェノール・ビタミンC誘導体など)がシミトリーと似ており、一体どちらを選べば良いのか分からい方が多いと思います。

成分を比べてみても、シミトリーとシズカゲルは大差がないため、@コスメの口コミ評価の高い方を選んでみると良いと思います。

やはり、実際に使ってみたユーザーの本音に勝るものはありませんよね?

まずは、美白効果に関する@コスメでの評価について見てみましょう。

 

シミトリー・シミウス・シズカゲルの美白効果に関する口コミ/@コスメ

 

項目シミウスシミトリーシズカゲル
美白効果に関する口コミ(✩4以上)920件/2,009件中(45%)208件/388件中(53%)62件/177件(35%)
美白効果に関する口コミ(✩5以上)845件/2,009件中(42%)180件/388件中(46%)52件/177件(29%)

 

美白効果に関する口コミでは、シミトリーの@コスメでの評価は高く、シミウスやシズカゲルよりも美白効果を実感している方が多いですね。

シズカゲルは美白効果を実感しているユーザーの割合がダントツに低いですね。。。

美白オールインワンジェルでは、美白効果を求めるユーザーが多いのに、美白効果を実感したユーザーがダントツに少ないのはちょっとおすすめはできませんね。

 

 

次にシミトリー・シミウス・シズカゲルの、@コスメでの保湿効果に関する口コミを検証します。

どの商品が最も保湿効果が高いと評価されているのか見てみましょう。

 

シミトリー・シミウス・シズカゲルの保湿効果に関する口コミ/@コスメ

 

項目シミウスシミトリーシズカゲル
保湿効果に関する口コミ(✩4以上)1,051件/2,009件中(52%)227件/388件中(58%)64件/177件(36%)
保湿効果に関する口コミ(✩5以上)973件/2,009件中(48%)208件/388件中(53%)57件/177件(32%)

 

保湿効果に関する口コミでは、シミトリーの@コスメでの評価は高く、シミウスやシズカゲルよりも保湿効果を実感している方が多いです。

シズカゲルは、シミトリーとほとんど同じ有効成分や美容成分を配合していますが、実際に使用したユーザーの口コミを見ると、シズカゲルよりもシミトリーの方がダントツで保湿効果が高いと実感しているようです。

シミトリーとシミウスはどちらも保湿効果が高いと実感したユーザーが多い商品ですが、シミトリーはより保湿効果を実感したユーザーが多く、乾燥によるシミやそばかすの改善効果が期待できますね。

シズカゲルは保湿成分が30種類以上配合と宣伝されていますが、保湿効果を実感したユーザーはたったの3割しかいません・・・。

多くの方が保湿力が物足りないと感じているので、おすすめはできません。

乾燥によるシミやそばかすの改善にはシミトリーがおすすめです。

次に、低刺激(安全性)に関する@コスメでの評価を見てみましょう。

 

 

項目シミウスシミトリーシズカゲル
低刺激(安全性)関する口コミ(✩4以上)602件/2,009件中(29%)158件/388件中(40%)65件/177件(36%)
低刺激(安全性)に関する口コミ(✩5以上)564件/2,009件中(28%)138件/388件中(35%)55件/177件(31%)

 

安全性(低刺激)に関する口コミでは、シミトリーの@コスメでの評価は高く、シミウスやシズカゲルよりも安全性(低刺激)を実感している方が多いです。

シミトリーは7種類の無添加とされ、シズカゲルも同じく7種類の無添加とされています。

どちらも肌への刺激が強いとされている「界面活性剤」や「パラベン」「シリコーン」が無添加となっており、肌への刺激が少なく安全性が高いと言えます。

しかし、実際に使用したユーザーはシミトリーの安全性を高く評価しており、シミウスやシズカゲルよりもダントツに高評価となっています。

シミトリーはアルコールフリーなのも、敏感肌や乾燥肌の方が安心して使える理由のようですね。

 

 

 

シミトリー・シミウス・シズカゲルで最も高評価なのは「シミトリー」/@コスメ

 

シミトリー・シミウス・シズカゲルをそれぞれ、「美白効果」「保湿効果」「安全性(低刺激)」に関する@コスメでの口コミ評価を検証すると、シミトリーは3つのポイント全てで高評価であることが分かります。

次にシミウスもシミトリーには及びませんが、3つのポイントで高評価となっています。

しかし、シズカゲルは3つのポイント全ての評価が悪く、総合評価もダントツで低くなっています。

シズカゲルはシミトリーと配合成分がほとんど同じのため、同じく高評価が期待されましたが、配合量の差なのかわかりませんが、実際に使ってみたユーザーからの評価は低いものになりました。

美白オールインワンが欲しいけど、どれを選んだらよいのか分からない方や、どのオールインワンジェルも同じに見えると言う方は、@コスメの実際のユーザーの口コミ評価を参考にしてみると良いですね。

@コスメの評価は辛口なものが多く本音を知ることができるので、参考になりますよ!

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1つで美白&保湿ができる!

 

 

 

 

[シミトリー シミウス/比較]価格や返金保証で比較・どっちがいい?

 

シミトリーとシミウスを初回購入価格や、2回目以降の価格から、より続けやすい価格なのはどちらか比較しました。

シミトリーとシミウスは、どちらもオールインワンジェルなので他のスキンケアは必要がない分、スキンケアのコストを抑えることができるのが魅力ですよね。

1本でしっかりと保湿ができるなら、1本でスキンケアが完了しますが、保湿力が低く1本では潤わず他のスキンケアアイテムを併用している。。。と言う場合はコスパが悪くおすすめできません。

やはり、オールインワンジェルは1本だけでスキンケアが完了するような、高保湿で高機能なものを選びたいですよね。

では、価格の比較だけではなく、保湿効果の比較も行い、シミトリーとシミウスではどちらがコスパが良くおすすめなのか検証しました。

 

 

シミトリーとシミウスを初回購入価格で比較しました

 

シミトリーとシミウスを初回購入価格で比較しました。

どちらも、公式サイトからは単品購入することはできません。

公式サイトから購入する際は「定期コース」での価格となります。

シミトリーもシミウスも定期縛りがないのが特徴で、2回目以降はいつでも好きな時に簡単に解約ができるので安心ですよ。

 

 

項目シミウスシミトリー
初回購入価格3,795円3,685円
割引率20%off26%off
送料無料無料
定期縛りなしなし

 

シミトリーとシミウスの初回購入価格を比べてみると、シミトリーが「3,685円」、シミウスが「3,795円」でわずか110円の差しかありません。

化粧品を選ぶときは、続けやすい価格のものを選ぶのがポイントですが、ほとんど金額の差がないので、初回購入価格だけではどちらがおすすめかは判断できません。

また、シミトリーもシミウスも初回から2回目以降もずっと送料が無料です。

そのため、送料のあるなしで判断することもできません。

では次に、2回目以降を継続するときの価格について比較してみます。

 

 

項目シミウスシミトリー
2回目以降の購入価格3,795円3,981円
割引率20%off20%off
送料無料無料

 

シミウスは初回購入価格も2回目以降の購入価格も変わりがなく「3,795円(20%off)」で購入することができます。

シミトリーは2回目以降の購入価格は初回購入価格より少し割高になり「3,981円(20%off)」となり、シミウスよりも186円高くなります。

それでも大きな差はないため、2回目以降の購入価格で比較して判断をすることはできませんね。

では月に、コスパについて比較してみましょう。

オールインワンジェルは1つで多機能のため、さまざまなスキンケアアイテムを揃える必要がなくコストを抑えることができます。

でも、美白オールインワンジェルなら最も求めたい「美白効果」が実感できないとなると、美白ケアアイテムを追加する必要がありますよね。

また、オールインワンジェルだけでは物足りない方や、乾燥してしまうため他のスキンケアアイテムを併用している方はコスパが悪くなります。

1つで「美白効果」「保湿効果」が高ければ、スキンケアアイテムを追加する必要がないためコスパが良くなりますね。

先ほども紹介したように、シミトリーは「美白効果」「保湿効果」の2つのポイントでシミウスよりも評価が高いので、他のスキンケアアイテムを追加する必要がありません。

そのため、コスパが良く、続けやすいオールインワンジェルと言えそうですね。

 

項目シミウスシミトリー
保湿効果に関する口コミ(✩4以上)1,051件/2,009件中(52%)227件/388件中(58%)
保湿効果に関する口コミ(✩5以上)973件/2,009件中(48%)208件/388件中(53%)

 

シミトリーはシミウスよりも保湿効果を高いと実感する方が多く、乳液やクリームなどを追加する必要がない分、コスパが良いですね。

 

 

項目シミウスシミトリー
美白効果に関する口コミ(✩4以上)920件/2,009件中(45%)208件/388件中(53%)
美白効果に関する口コミ(✩5以上)845件/2,009件中(42%)180件/388件中(46%)

 

シミトリーは、美白効果に関しても約50%の方が美白効果を実感しており、シミウスよりも美白効果を実感している割合が高いです。

シミトリーなら美白アイテムを併用する必要がないため、コスパが良いと言えますね。

 

 

シミトリーとシミウスを返金保証で比較/どっちがお試しがしやすい?

 

シミトリーをシミウスを返金保証で比較しました。

シミトリーもシミウスも全額返金保証がついています。

多くのオールインワンジェルは返金保証はついていませんから、商品に自信がある現れとも言えますね。

シミトリーもシミウスも公式サイトではお試し商品がなく、定期コースでの注文となります。

いきなり定期コースとなると躊躇してしまう方もいますよね。。。

でも、シミトリーもシミウスも決められた期間内なら全額返金保証を受けることができるため、安心してお試しすることができますよ。

 

 

項目シミウスシミトリー
全額返金保証の期間商品到着日から30日間商品到着日から14日感

 

シミウスは商品到着日から30日間以内なら、商品を全て使用していても全額返金保証の対象となります。

シミトリーは商品到着日から14日以内なら、商品を全て使用していても全額返金保証の対象となります。

シミトリーよりもシミウスの方が全額返金保証の期間が長く設定されているため、じっくりとお肌の調子をみたい方にはおすすめです。

お肌の状態は日々変わりますよね?季節の変わり目や生理周期などで、お肌が急に調子が悪くなることもありますよね。

お試し期間が14日間だと肌の変化がちょっと分からないかもしれません。

お試し期間が30日間あると、お肌の変化がより分かりやすいかもしれませんね。

敏感肌や乾燥肌の方はお試し期間が長い方が安心ですよね。

そのような心配がある方は、シミウスの方がお試し期間が長いためおすすめです。

 

シミウスの公式サイトを見る

 

 

シミトリーもシミウスも、どちらも定期縛りはなく2回目以降はいつでも好きな時に解約することができるため、お試し期間に拘りがなければ、「@コスメでの口コミ評価」「美白・保湿効果」が高いシミトリーがおすすめです。

 

シミトリーの公式サイトへ

 

 

 

[シミトリー シミウス/比較]安全性や副作用を比較/配合成分と安全性

 

シミトリーとシミウスを安全性や副作用で比較しました。

シミトリーは7種類の無添加で低刺激と紹介されており、@コスメの評価でも低刺激(安全性が高い)と評価されています。

シミウスは着色料や香料などの添加物が含まれており、敏感肌の人にはおすすめできません。

では、配合されている成分や添加物から安全性・副作用について検証してみましょう。

 

 

シミトリーは7種の無添加で安心/敏感肌の方はシミトリーが安心

 

シミトリーとシミウスの添加物・成分について紹介します。

シミトリー、シミウスはどちらも100%オーガニックの化粧品ではありません。

そのため、品質保持には欠かせない防腐剤や抗菌剤が添加されています。

添加物は全てが危険で体や肌に害があるのではなく、危険性の高い添加物が配合されていたり、配合量が多い場合は注意が必要です。

しかし、化粧品に配合されている添加物はほとんどが安全性が高く、配合量も体や肌への影響のない範囲で配合されているため、安心して使うことができます。

 

項目シミウスシミトリー
安定剤(乳化安定剤)1.3-ブチレングリコール(BG)  プロピレングリコール(PG)  1.2-ペンタンジオール  ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油(PEG)1,3-ブチレングリコール  水素添加大豆リン脂質
防腐剤・抗菌剤パラオキシ安息香酸メチル  フェノキシエタノール  エタノール硬化ナタネ油アルコール  1,2-ペンタンジオール  フェノキシエタノール
増粘剤カルボキシビニルポリマー  アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー  水酸化カリウムアクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体  カルボキシビニルポリマー  アルギン酸ナトリウム  水酸化ナトリウム
保湿剤濃グリセリン  水溶性コラーゲン液N-ステアロイルフィストフィンゴシン(セラミド3) トリイソステリアン酸グリセリン
美容成分3-O-エチルアスコルビン酸(ビタミンC誘導体)  テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル(ビタミンC誘導体)
着色料青1  赤106なし
香料香料なし

 

シミトリーとシミウスの添加物(化合物)を見ると、美容成分も含まれていますね。

化粧品の多くは天然成分の方が少なく、添加物(化合物)の方が多いのが一般的です。

天然成分は劣化したり、品質の安定が難しい成分が多いため、安定性や防腐性を高めるために化合物として添加しています。

そのため、天然だから安心とかボタニカルだから安心と言うわけではありません。

シミトリーは肌への刺激が指摘される「パラベン」「シリコーン」「アルコール」が無添加となっているため、肌への刺激性は低いと言えます。

実際に@コスメでの刺激性(安全性)に関する評価では、シミウスよりもシミトリーの方がダントツで高評価となっています。

敏感肌の方や、なるべく自然な成分を使った化粧品を求めている方はシミトリーがおすすめですよ。

 

シミトリーの公式サイトへ

 

 

「香料」「着色料」「アルコール」配合の化粧品は避けたほうが安心/シミウスは安全性が低い

 

シミウスは「香料」「着色料」「アルコール」などの添加物が含まれています。

アルコールは敏感肌や乾燥肌の方には刺激が強いため控えたほうが安心です。

また、香料や着色料は化粧品の品質維持の観点からは全く不要な添加物のため避けたほうが安心です。

着色料の中には体や肌に悪影響を与える危険性のある成分があるため注意が必要です。

シミウスは着色料を使用しているため、ジェルは薄い綺麗な水色をしており、癒される色です。

でも、肌や体に悪影響の危険性のある着色料は不要な添加物でもあるため、シミウスはおすすめできません。

また、シミウスはリラックス効果のある良い香りがしますが、これは香料が添加されているからです。

香料は化粧品の品質維持の観点からも不要な成分なので、シミウスはおすすめできません。

 

 

シミトリーは7種類の無添加で安心

 

シミトリーの無添加パラベン  アルコール(エタノール)  界面活性剤  香料  着色料  鉱物油  シリコーン(7種類)

 

シミトリーは上記のように7種類の無添加で低刺激で安全性の高い商品です。

これらの添加物が配合されている化粧品は巷にはたくさんありますが、これらはどのような目的で添加されているのでしょうか?

 

添加物名配合の目的副作用の可能性
パラベン抗菌剤・防腐剤低い
アルコール(エタノール)抗菌剤・防腐剤敏感肌では強い刺激となることがある
界面活性剤乳化安定剤石油系の原料は影響が大きい。

植物由来の原料は安全性が高い。

香料香り付けバリア機能が低下した肌では刺激となる。
着色料色付け合成香料・天然香料のどちらも皮膚炎の危険性がある。
鉱物油化粧品の原料皮膚への刺激性が高い。

肌への炎症作用。

シリコーン分散剤・油剤低い

 

肌にはあまり良くないとされているパラベンや界面活性剤は、化粧品の品質保持の観点から必要な添加物です。

パラベンは肌や体への影響はほとんどないとされています。

また、以前は石油由来の界面活性剤を使用していたことで健康被害や肌への悪影響がありましたが、現在では植物由来の原料を使用しているメーカーが大半であり、それほど心配する添加物ではありません。

これらの添加物よりも、香料や着色料など化粧品の品質保持の観点から不要な添加物なので避けたほうが安心です。

香料や着色料は、肌への刺激性や皮膚炎の可能性があるため、これらが添加されているシミウスはおすすめできません。

シミトリーは香料・着色料が無添加なので安心して使うことができますよ。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

7つの無添加で敏感肌でも安心

 

 

 

[シミトリー シミウス/比較]使い方・使いやすさで比較/どっちがいいか比較

 

シミトリーとシミウスを使い方や使いやすさで比較しました。

シミウスは「マッサージ併用タイプのオールインワンジェル」です。

シミトリーは「マッサージ不要のオールインワンジェル」です。

シミウスはマッサージに適したやや固めのテクスチャーで肌への浸透に時間がかかります。

シミトリーはマッサージは不要なジェルで肌なじみが良く、短時間で肌に浸透します。

スキンケアは時短したい方は断然、シミトリーがおすすめです。

 

シミトリーの公式サイトへ

 

シミウスはマッサージを併用する分、スキンケアに時間がかかりますが、リフトアップ効果やくすみ解消効果があるため一石二鳥とも言えます。

たるみやくすみが気になる方や、スキンケアには少し時間をかけたい方はシミウスがおすすめです。

 

シミウスの公式サイトへ

 

 

 

スキンケアは時短したい人は「シミトリー」がおすすめ!

 

シミトリーは一般的なオールインワンジェルのように、1つでスキンケアが完了するタイプです。

肌なじみの良いテクスチャーで伸びが良いため、スキンケアを時短したい方にピッタリです。

シミトリーは独自の「球状ラメラ構造」を採用することで肌の奥までしっかりと美容成分が浸透する処方となっています。

球状ラメラ構造は肌の保湿構造と類似しているため、肌の奥まで美容成分が浸透しやすい処方となっています。

いくら良い成分を配合していても美容成分の粒子が大きくて肌に浸透できない・・・と言う化粧品が実は多いんですよね。

潤わないからとジェルの量を増やしたり、重ね塗りをしても結局潤わずに、乳液やクリームを足すことになったり・・・。

これではスキンケアの時短にもなりませんよね。

シミトリーなら肌への浸透力を高めた球状ラメラ構造だから保湿効果や美白効果が高く、これ1本でスキンケアが終了します!

シミトリーはスキンケアを時短したい方!シンプルケアで保湿効果や美白効果を得たい方にピッタリのオールインワンジェルですよ。

 

シミトリーの公式サイトはこちら

 

 

 

シミウスはマッサージ用のオールインワンジェル/スキンケアには時間がかかる

 

シミウスは「シミ対策・美白 マッサージ用オールインワンジェル」と宣伝されています。

正式名称は「シミウス ホワイトニングリフトケアジェル」で、マッサージを併用することでリフトアップ効果が得られます。

@コスメの口コミ評価では「リフトアップした!」「崩れたフェイスラインがすっきりした!」などの口コミが多く見られました。

たるみやフェイスラインの崩れ、ほうれい線などのシワが気になる方はシミウスがおすすめです。

 

シミウスの公式サイトへ

 

項目シミウスシミトリー
マッサージの有無必須不要
スキンケアの時短×
リフトアップ効果×
ジェルの構造ダブルクリスタル製法球状ラメラ構造
ジェルのテクスチャー硬い柔らかい

 

シミトリーとシミウスを使い方や使いやすさで比較をすると、時短になり使いやすいのは断然「シミトリー」です。

スキンケアはとにかく時短したい!時短でもしっかり効果を実感したい!と言う方にはシミトリーをおすすめします。

 

シミトリーの公式サイトはこちら

 

でも、「たるみやほうれい線もケアしたい!」「スキンケアはじっくりと行い!」と言う方はシミウスがおすすめです!

 

シミウスの公式サイトはこちら

 

 

 

[シミトリー シミウス/比較]どっちがいい?効果・価格・口コミ・安全性・使いやすさの総合評価

 

シミトリーとシミウスを「成分(効果)」「価格」「口コミ」「安全性」「使いやすさ」の5つのポイントで総合的に評価をすると、断然「シミトリー」がおすすめです。

シミトリーとシミウスを比べると、5つのポイントのうち「価格」と「使いやすさ」ではシミウスもシミトリーも大差はないのですが、「美白・保湿効果」「@コスメでの評価」「安全性(低刺激)」の面ではシミトリーが圧勝です。

ただ、どちらも良い商品であり、美白・保湿効果の高いオールインワンジェルであることは間違いなく、どちらも失敗と言うことはありません!

「オールインワンジェルだけだと乾燥しちゃう!」

「1本で美白も保湿もしっかりしたい!」

「好きケアはとにかく時短が命!」

「時短でもしっかり効果は実感したい!」

「敏感肌でも安心なものが良い!」

このような悩みがある方は、シミトリーなら全て解決できます。

どちらにしようか迷っている方、どのようなオールインワンジェルを選べば良いか分からない方は、「シミトリー」を選べば失敗がありませんよ!

 

 

 

シミトリーの公式サイトへ

1本で美白&保湿ができる!

 

 

参考資料:「いわゆる薬用化粧品中の有効成分リストについて」(厚生労働省)

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました