[シミトリー/シミ消える]結果!シミ対策の効果/シミが消える人とシミが消えない人の違い

[シミトリー/シミ消える]シミ・そばかすに効果的な3つのポイント

 

シミトリーでシミが消える3つの理由について

 

「シミトリーでシミが消える?」

「そばかすに効果はある?」

シミトリーがシミやそばかす対策に効果的なのは「臨床実験で4週間でメラニン量32%減少」「美白有効成分配合の薬用化粧品」「シミ・くすみの原因となる乾燥を改善する」の3つの理由です。

シミトリーには、ハイドロキノン誘導体やフラバンジェノールなど、メラニンを減少させる成分が配合されており、シミやそばかすに効果的です。

また、シミトリーには10種類の天然由来保湿エキスが配合されており、乾燥が原因で起こるシミやくすみの改善に効果的です。

シミやそばかすの予防・改善には美白有効成分が効果的ですが、ターンオーバーが乱れ角質が厚くなったお肌では、美容成分を肌の奥まで浸透することができません。

シミトリーは独自のラメラ構造により、美白成分が肌の奥までしっかり浸透するため、美白効果を実感することができます。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1本で美白&保湿ができる!

 

 

 

 

[シミトリー/シミ消える]効果ない・嘘・騙された/シミが消えるか使ってみた/シミが消える人と消えない人の違い

 

 

 

「シミトリーはシミが消える!?効果なしって本当?」

「騙された!?なんでシミが消えないの?」

シミトリーを使ってシミが消える人と消えない人がいるのはどうしてでしょうか?

シミトリーは薬用化粧品なので、すでにできてしまったシミがポロっと消えるなんてことはありません。

でも、初期のシミや潜在的なシミを予防・解消することはできます。

シミトリーを使ったらすぐにシミが剥がれ落ちる!と期待している方にとっては、「シミトリーはシミが消えない!騙された!」という口コミになってしまいます。

しかし、3~6ヶ月継続して使用した方は「シミが薄くなった」「くすみがなくなってトーンアップした」など良い口コミが多いのです。

シミトリー使用者の満足度は97.3%と高く、たくさんの方が美白・保湿効果を実感しています!

シミトリーなら、1本で保湿&美白ができますし、7種の無添加だから安心して継続することができますよ。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1本で保湿&美白ができる!

 

 

 

 

シミトリーでシミが消える人とシミが消えない人の違い/効果なし・騙された・嘘の理由

 

シミトリーでシミが消える人と、シミが消えない人の違いについて紹介します。

シミトリーの口コミを見ると、少数ではありますが「騙された!」「嘘!」「効果なし!」などが見られますね。。。

同じ化粧品を使っていても、効果を実感できた人と、実感できなかった人がいるのはどうしてでしょうか?

美白化粧品は、医療機関のシミ治療やレーザー治療のようにシミを完全に消すことはできません。

内服治療やレーザー治療でも、シミを消すのには根気がいりますし、治りにくいシミも存在します。

シミが肌の奥に根付いてしまっていると、どのような治療をしてもなかなか改善しません。

美白化粧品は、潜在的なシミを解消したり、新しいシミやそばかすを予防する効果は期待できますが、できてしまったシミを完全に消すことはできません。

シミやそばかすがある状態のお肌は、常にメラニンが活性化しており、新たなシミが発生しやすい状態と言えます。

シミトリーに配合されている美白成分や保湿成分は、メラニンの活性化を予防し、潜在的なシミを解消したり、新たにシミやそばかすが形成されるのを防ぐ役割があります。

すでにシミやそばかすができている方は、美白有効成分配合の化粧品でしっかりと美白ケアをするのが重要です。

 

 

 

使用期間の違い

 

シミトリーを使ってもシミが消えない人は、使用期間が短いことが原因となるケースが多いようです。

シミは紫外線などの影響によりメラニンが活性化されることが原因となりますが、メラニン自体は肌の防御反応に重要であり必要なものです。

シミができるメカニズムは、紫外線を浴びるとメラニンの生成が活性化されメラノサイトの中にメラニンが生成されます。

生成されたメラニンは角化細胞(ケラチノサイト)に受け渡され、肌のターンオーバーと共に表皮に押し出されます。

しかし、加齢やストレスなどにより肌のターンオーバーが乱れていると、角化細胞が押し出されないためメラニンが過剰に停滞してしまい色素沈着を起こします。

つまり、肌のターンオーバーの乱れがシミの原因となります。

肌のターンオーバーは、加齢と共に遅延し、新しい細胞がスムーズに入れ替わることができなくなってきます。

肌のターンオーバーを改善するためには、肌の内部の水分がしっかりと充満していることが重要です。

肌の水分を保持する役割を持つ細胞間脂質は、肌のターンオーバーと共に生成されるため、肌のターンオーバーが遅延すると細胞間脂質も減少してしまい、肌の内部はスカスカの状態になってしまいます。

このような状態では、新しい肌細胞がスムーズに作ることができないため、ますます肌のターンオーバーは乱れてしまいます。

シミトリーは、肌の保湿構造と類似した球状ラメラ構造を採用しているため、肌への浸透力が高く、肌の奥からしっかりと保湿をすることができます。

肌のターンオーターは、20代では28日周期ですが、30代になると40日前後、40代になると55~60日前後、50代になると75~80日前後と周期が長くなっていきます。

新しい肌細胞が作られ、古い角質が剥がれ落ちるまでに30代~40代では40~60日もかかるため、この期間は化粧品を継続して使用しなければ、保湿や美白効果は実感できません。

1ヶ月や2ヶ月では肌のターンオーバーの周期を終えていないため、肌への効果は分からないものです。

シミトリーを3ヶ月~6ヶ月ほど使用すると、次第に保湿効果を実感することができます。

保湿効果を実感すると、肌のターンオーバーが次第に正常化し、潜在的なシミや薄いシミは肌のターンオーバーと共に排出されるため、美白効果を実感することができます。

 

 

使用頻度の違い

 

シミトリーを使ってもシミが消えない人は、朝晩の2回の使用をしていなかったり、使用頻度が少ないケースが多いようです。

シミトリーを使ってシミが消えたと実感する人は、朝晩の2回の使用や、ジェルパックなどのケアを行っている方が多いですね。

シミトリーは、朝晩の2回の使用により美白効果を高めることができます。

日中(朝)は、室内にいても紫外線の影響を受けるため、肌の内側からしっかりと保湿し、紫外線ダメージを受けにくくすることで、シミやそばかすを予防することができます。

夜間は、日中にストレスを受けた肌にしっかりと栄養を与え休ませるために、肌の内側にしっかりと美容成分を届けることが重要です。

朝晩の2回使用することで、シミやそばかすを予防する効果を高めることができます。

オールインワンジェルは時短になるから朝のみ使うという方も多いのですが、朝晩の2回使用することで、より美白成分を肌の奥まで届けることができます。

なかなか美白効果を実感できない方は、朝晩2回の使用に加えて、週に1~2回のジェルパック(コットンパック)をすると、美白成分が肌の奥までしっかり届くため効果的ですよ。

 

 

使い方の違い

 

シミトリーを使ってみシミが消えない人は、使い方が正しくないケースが多いようです。

シミトリーには、メラニンの活性化を抑制する成分が配合されており、特にシミが多い部分や、紫外線を受けやすい部分にはしっかりと塗布する必要があります。

シミができ易い部分は、紫外線に当たりやすい頬という方が多いと思います。

シミが多い部分にはシミトリーを重ねづけして、しっかりと美白成分を浸透させましょう。

また、乾燥が強い部分にも重ねづけをしましょう。

乾燥が強い部分は、肌のバリア機能が低下し紫外線など外部の刺激に敏感になってします。

目周りや口周りなど、乾燥しやすい部分はシミトリーを少量重ねづけすることで保湿力を高め、外部からの刺激から守ってくれますよ。

 

 

できてしまったシミは化粧品では消えない

 

3D解析で発見した「シミの真実」

画像引用:資生堂シミ予防研究所

 

 

資生堂シミ予防研究所によると、シミのある肌でメラニンがどのように分布しているのかを3Dで解析をすると、皮膚の深部(奥)ではメラニンが固まってすり鉢状に密集していることが分かったとのことです。

シミのある部位は、メラニンがすり鉢状に分布しているため、ターンオーバーを繰り返しても、新しく表皮に上がってくる角質にもメラニンがある状態のため、シミがすぐに剥がれ落ちることはありません。

肌の深部では大きなメラニンの塊となってはびこっているため、レーザー治療によってメラニンを散らせる治療をしてもなかなか改善することができません。

すでにできてしまったシミは、目には見えない肌の深部までメラニンが根付いているため、美白化粧品の力だけではシミを完全に消すことはできません。

シミがすでにできている部位は、常にメラニンの生成が活性化している状態になっており、メラニンのスイッチが常にオンになっている状態です。

何も対策をしなければ、常にメラニンが活性化しているため、今は目に見えないメラニンの塊が、いずれシミとなって表皮に現れます。

美白有効成分配合の化粧品を使ってしっかりとケアをしていると、メラニンの活性化を抑制したり、メラニンが黒色化することを抑制するため、潜在的なシミを解消することができます。

すでにできてしまったシミにも、隠れシミ・潜在的なシミの対策にも、シミトリーは効果的と言えますね。

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1本で美白&保湿できる!

 

 

 

 

[シミトリー/シミ消える]シミに効果的な成分

 

 

「シミトリーにはシミが消える成分は入っているの?」

「成分が多すぎて、どれがシミに効果があるのか分からない・・・。」

シミトリーは、シミやそばかすの予防に効果的な美白有効成分を配合している、薬用美白オールインワンジェルです。

シミトリーには、美白有効成分であるハイドロキノン誘導体(アルブチン)や、シミやそばかすに効果的なビタミンC誘導体など美白効果の高い成分を豊富に配合しています。

また、乾燥が原因となるシミやくすみに効果的な、天然由来保湿成分が10種類配合されています。

多くの医薬部外品(薬用)は、美白効果が高い反面、添加物の割合が多いものが多いのですが、シミトリーは7種の無添加で安心して使うことができます。

シミトリーなら、1本で美白&保湿が可能な成分が配合されています。

シミやくすみ・たるみ・しわ・毛穴など、肌トラブルに悩んで切る方は、保湿&美白効果が高いシミトリーがおすすめですよ。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1本で美白&保湿できる!

 

 

 

 

シミトリーの美白有効成分・アルブチン

 

シミトリーの美白有効成分アルブチンについて紹介します。

シミトリーは医薬部外品(薬用美白オールインワンジェル)のため、シミやそばかすの予防効果が認められている美白成分を規定量以上に配合しています。

医薬部外品ではない一般の化粧品は、美白有効成分が配合されていなかったり、配合量が少ないものが多く、美白効果が高い商品は少ないです。

アルブチンは、ハイドロキノン誘導体とも呼ばれ資生堂により開発された美白有効成分です。

アルブチンは、メラニンの生成を活性化する酵素(チロシナーゼ)の働きを阻害することでメラニンの生成を抑制する働きがあります。

メラニンが過剰に生成されると、いずれ色素沈着を起こしシミとなって現れます。

アルブチン配合の化粧品を使用することで、シミやそばかすを予防することができます。

アルブチンは、ハイドロキノン誘導体と呼ばれていますが、ハイドロキノンとは全く別の成分です。

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれるほど強い美白効果を持ちますが、肌への刺激性が強く副作用の危険性もありますが、ハイドロキノン誘導体はハイドロキノンのような強力な美白効果はありませんが、肌への刺激性はほとんどないことから安心して使用することができます。

 

 

 

シミトリーの美白成分・ビタミンC誘導体

 

シミトリーに配合されている美白成分ビタミンC誘導体について紹介します。

ビタミンC誘導体は、肌に浸透すると即座にビタミンCとして働き、同じ効果が期待できる成分です。

ビタミンCはとても壊れやすい成分のため、化粧品に配合すると成分が壊れ効果を発揮することができません。

しかし、ビタミンC誘導体は安定性が高く、水や油に溶かしても成分が壊れにくく、ビタミンCの代替え成分として多くの美白化粧品に使用されています。

ビタミンCの作用は、抗酸化作用・血行促進・収れん作用・抗菌作用などさまざまです。

中でもビタミンCの血行促進作用により、肌の血流が改善することで代謝が改善し、肌のターンーバーの正常化に繋がります。

肌のターンオーバーが正常化すると、シミやそばかすの原因となるメラニンを排出できるようになります。

 

 

シミトリーの天然由来保湿エキス・フラバンジェノール

 

シミトリーに配合されている天然由来保湿エキスフラバンジェノールについて紹介します。

フラバンジェノールは、シミトリーを開発・販売する株式会社フォーマルクラインが研究を重ねている美容パワーに溢れる注目の成分です。

フラバンジェノールは、海岸松の樹皮から抽出されるエキスです。

海岸の直射日光、潮風などにさらされ過酷な環境の中に育つ海岸松には、自分の体を守るためにたくさんのポリフェノールが作られています。

ポリフェノールは抗酸化作用が高く、自身の体を守るためにほとんどの植物が持つ成分です。

フラバンジェノールは、ポリフェノールを豊富に含み、抗酸化作用・保湿効果に優れています。

フラバンジェノールは、コラーゲンやセラミドなど、肌の潤いを保つ成分よりも保湿効果が高いとされています。

フィラバンジェノール配合のシミトリーを使用することで、肌の内側からしっかりと保湿をすることができますよ。

 

 

 

シミトリーの天然由来保湿エキス・ビルベリー葉エキス

シミトリーに配合されている天然由来保湿エキスビルベリー葉エキスについて紹介します。

ビルベリー葉エキスは、抗酸化作用・保湿効果などさまざまな効果があります。

ビルベリー葉エキスには、ヒアルロン酸産生の促進効果が認められています。

ヒアルロン酸1gで6mlの水分を保持することができるほどの保湿力を保っています。

またヒアルロン酸は、真皮に存在するコラーゲンやエラスチンにくっつく形で存在し、肌の弾力維持の役割を持っています。

ヒアルロン酸の増加により肌の弾力が改善するお、たるみやシワの改善に繋がります。

ビルベリー葉エキスはヒアルロン酸の生産を促進する作用があるあめ、ヒアルロン酸増加により肌の内側からしっかりと保湿することができますよ。

 

 

 

シミトリーの天然由来保湿エキス・ユキノシタエキス

 

シミトリーに配合されている天然由来保湿成分ユキノシタエキスについて紹介します。

ユキノシタエキスは、抗アレルギー作用・抗菌作用・保湿さよう・美白作用などさまざまな効果があります。

ユキノシタエキスは、セラミドの合成を促進する作用により保湿効果を高める効果が期待されます。

また、保湿効果による肌のバリア機能の改善にも効果的とされています。

セラミドは、角質細胞と角質細胞の間に存在しクッションの役割をしています。

角質細胞が均一に並んでいる肌はキメが整っており、外部からの刺激を防御するバリア機能が正常に働きますが、セラミドが減少すると角質細胞の並びが均一ではなくなるため、外部からの刺激に弱くなります。

バリア機能が低下すると、紫外線などの外部からの刺激から肌を守ることができなくなり、紫外線によるダメージを受けやすくなります。

ユキノシタエキスは、保湿効果・バリア機能改善効果・美白効果が期待できますね。

 

 

シミトリーの天然由来保湿エキス・マロニエエキス

 

シミトリーに配合されている天然由来エキスマロニエエキスについて紹介します。

マロニエエキスは、フェイヨウトチノキの果実から抽出されるエキスで、たくさんのポリフェノールを含む成分です。

マロニエキスは、抗酸化作用・血行促進作用・収れん作用などの効果があります。

マロニエエキスの血行促進作用により、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が改善すると、新しい角質細胞をスムーズに作ることができます。

肌のターンオーバーと共に生成されるセラミドや、コラーゲンなどの成分の生成も促進されるため、肌の保湿力を改善する効果も期待できますね。

 

 

シミトリーの天然由来保湿エキス・カンゾウフラボノイド

 

シミトリーに配合されている天然由来保湿エキスカンゾウフラボノイドについて紹介します。

カンゾウフラボノイドは、カンゾウの根から抽出されるエキスで、抗菌作用・美白作用・整肌作用などの効果があります。

カンゾウエキスは、肌の水分と油分のバランスを整える働きがあるため、乾燥肌に効果的な成分とされています。

古くからハーブや和漢として化粧品などに使用されている成分であり、多くのグリチルリチン酸を含んでいます。

 

 

シミトリーの天然由来保湿エキス・天然ビタミンE

 

シミトリーに配合されている天然由来保湿エキス天然ビタミンEについて紹介します。

天然ビタミンEは、植物油脂から抽出されるエキスで、抗酸化作用・血行促進作用・アンチエイジング作用などの効果があります。

天然ビタミンEの血行促進作用により、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が改善されると、肌のターンオーバーを共に生成される、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分の生成量が増加します。

これらの保湿成分は、加齢と共に減少し、インナードライ肌やシミ、シワなど年齢肌の原因となります。

天然ビタミンEは、血行促進作用により肌のターンオーバーを改善し、保湿力を高める働きがあるため、年齢肌の悩みに効果的です。

 

 

シミトリーの天然由来保湿エキス・セラミド3

 

シミトリーに配合されている天然由来保湿エキスセラミド3について紹介します。

セラミドは、角質層の中に存在し、角質細胞と角質細胞の間でクッションのような役割をしています。

セラミドは加齢と共に減少し、セラミドが不足すると、角質層内に充満していた水分量が低下するため、肌は乾燥してしまいます。

セラミドにはさまざまな種類があり、セラミド3は肌の保湿作用・バリア機能を高める作用があります。

セラミドが減少すると、角質細胞が均一に存在することができず、凹凸のあるキメの荒い状態となり、外部からの刺激が容易に侵入してしまいます。

セラミドの減少は、肌のバリア機能低下につながり、紫外線によるダメージを受けやすくなります。

セラミド3は、保湿効果・バリア機能改善効果・美白効果が期待できますね。

 

 

シミトリーの天然由来保湿エキス・オリブ油

 

シミトリーに配合されている天然保湿エキスオリブ油について紹介します。

オリブ油は、皮膚外用薬などに配合されている医薬品です。

オリーブの実を圧搾し、不純物を取り除いたものがオリブ油です。

オリブ油は不純物を取り除き、100%オリーブオイルの状態となっているため、食用のオリーブオイルに比べると、サラサラとしているのが特徴です。

高い保湿効果があり、皮膚の保護剤として使用されるケースが多いです。

オリブ油は肌の表面に潤いの膜をつくり、肌内部の水分が蒸発しないように守る働きがあり、乾燥肌の方におすすめです。

 

 

シミトリーの天然由来保湿エキス・スクワラン

 

シミトリーに配合されている天然由来保湿エキススクワランについて紹介します。

スクワランは、もともと人間の皮脂にも5%程度存在する保湿成分です。

サメ類の肝油やオリーブオイル、小麦胚芽油などからも抽出されるオイルです。

肌にもともと存在するスクワランは、天然の保湿成分であり、肌内部の水分が蒸発してしまわないように守る働きがあります。

スクワランは、加齢と共に減少し、肌は潤いが低下していきます。

スクワランが低下すると、乾燥小じわ、乾燥、バリア機能の低下などの原因となります。

シミトリーはスクワランを配合しており、肌内部の水分が蒸発し乾燥するのを防ぐ効果が期待されます。

 

 

シミトリーの天然由来保湿エキス・シア脂

 

シミトリーに配合されている天然由来保湿エキスシア脂について紹介します。

シア脂は、シアバターのキの種子から抽出される植物油脂です。

シア脂は、皮膚の保護剤として使用されており、皮膚を保護することで肌内部の水分量が増加し、エモリエント効果が期待できます。

肌内部に十分な水分があると、肌のキメが整い肌のバリア機能が高まり紫外線などの外部からの刺激から肌を守ってくれます。

シミトリーに配合されているシア脂は、肌内部の水分量を増加させ、保湿効果や肌の弾力アップ、美白効果などが期待されます。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1本で美白&保湿ができる!

 

 

 

 

[シミトリー/シミ消える]毛穴への効果/乾燥毛穴・たるみ毛穴・毛穴の開き・毛穴の黒ずみ

 

 

「シミトリーってシミが消えたり、毛穴の開きに効果があるって本当?」

「乾燥すると毛穴が目立つって本当?」

乾燥は、シミやたるみ、毛穴の開きなどさまざまな肌トラブルの原因となります。

肌の内部が乾燥すると、肌のターンオーバーが乱れシミの原因となるメラニンが排出されません。

肌のターンオーバーと共に生成されるヒアルロン酸やセラミドなどの生成量が低下するため、肌の弾力が低下したるみの原因となります。

肌の内部が乾燥しているインナードライ肌になると、肌は潤いが足りないと感じて余分に皮脂を分泌するため、毛穴が開いて目立ってしまいます。

開いた毛穴に皮脂が貯まると、皮脂が酸化して黒ずみ目立ちます。

このように乾燥はさまざまな肌トラブルの原因となるた、保湿効果の高い成分配合の化粧品でしっかりとケアしたいですね。

シミトリーは肌への浸透力が高く、肌の奥まで美容成分を浸透することができるため、さまざまな肌トラブルに効果的です。

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1本で保湿&美白できる!

 

 

 

 

毛穴が目立つ原因/乾燥による毛穴の開き

 

毛穴が目立つ原因は、乾燥による毛穴の開きがあります。

肌の内部が乾燥すると、肌は潤い不足を感じて余分に皮脂を分泌してしまいます。

でも、皮脂が過剰になると自分はオイリー肌なのだと勘違いして、ケア方法を間違っている方が多いのです。

皮脂が多いからオイリー肌だと思い、オイリー肌向けのケアをしているとますます肌は乾燥してしまいます。

オイリー肌の人は、洗顔後に何もスキンケアをしない状態で15分ほど放置したときに、顔中に皮脂が出ている状態になります。

しかし、肌内部の乾燥により過剰な皮脂が分泌しているインナードライ肌の場合は、洗顔後に何もスキンケアをしないと顔が突っ張ったり、乾燥を感じます。

毛穴の開きが気になる方は、自分の肌タイプをもう一度見直してみましょう。

また、夏は気温が高くなるため、体温調節のために毛穴が開きやすくなるため、普段は毛穴が気にならない人も夏だけは気になることが多いです。

毛穴が気になるからとゴシゴシと洗顔をしてしまうと余計に過剰に皮脂が出てしまうため、夏の毛穴の開きこをしっかりと保湿をすることを心がけましょう。

シミトリーに配合されている10種の天然由来保湿成分は、肌への浸透力が高く肌の奥までしっかりと潤うことができるため、乾燥による毛穴の開きが気になる方におすすめです。

 

 

シミトリーは乾燥毛穴に効果はある?

 

健康な肌は水分と油分のバランスが取れている状態です。

しかし、何かしらの理由で水分と油分のバランスが崩れると、乾燥を感じることがあります。

乾燥肌の方は、肌の内部の水分を抱え込む力が低下している状態です。

肌は本来、角質細胞と角質細胞の間にセラミドが充満した状態でクッションの役割を果たしています。

セラミドが充満している肌は角質細胞が均一に並び、キメが整った肌となっています。

しかし、乾燥肌の方の肌はセラミドが不足した状態となっており、角質細胞と角質細胞の間に十分にセラミドが存在していないため角質細胞の並びが歪になり、外部からの刺激に弱い状態となります。

肌は水分不足を感じると、肌のバリア機能が低下するため、皮脂を分泌して肌を保護しようとします。

そのため、乾燥肌の人は肌の内部が乾燥することで、過剰に皮脂が分泌し毛穴が開いてしまうのです。

シミトリーは、肌の保湿機能と類似のラメラ構造となっているため、肌への浸透力が高く、保湿成分や美容成分を肌の奥までしっかりと浸透することができます。

そのため乾燥毛穴に効果的と言えますね。

 

 

 

毛穴が目立つ原因/たるみ毛穴

 

毛穴が目立つ原因に肌のたるみがあります。

毛穴の開き方をよく見てみると、涙型のような形で、下に引っ張られるように穴があいている場合は、皮膚のたるみによるたるみ毛穴だと言えます。

たるみ毛穴は頬周辺に現れるためとても目立ちます。

肌がたるむ原因は、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が加齢と共に減少することです。

肌の弾力が衰えると、顔の余計な肉が重力に負けて下がり、たるみとなります。

たるみにより皮膚が下に引っ張られることでシワの原因ともなります。

ほうれい線は、頬のたるみによって起こることが多いのです。

たるみ毛穴の改善には、肌の弾力アップが必要ですね。

 

 

シミトリーはたるみ毛穴に効果はある?

 

シミトリーは肌の弾力アップに効果的な成分を配合しており、たるみ毛穴に悩む方におすすめです。

肌の弾力を支えているコラーゲンやヒアルロン酸は、加齢と共に減少します。

コラーゲンやヒアルロン酸は、肌のターンオーバーと共に生成されるため、ターンオーバーが停滞するとヒアルロン酸やコラーゲンの生成量も低下してしまいます。

つまり、コラーゲンやヒアルロン酸の生成力を改善するためには、肌のターンオーバーを正常化することが重要です。

肌のターンオーバーの正常化は、肌の内部をしっかりと水分で満たす必要があります。

肌の内部がしっかりと水分で満たされると、細胞の働きが改善します。

細胞の働きが改善すると新陳代謝が向上するため、肌のターンオーバーの正常化につながります。

シミトリーは人の肌の保湿構造に類似したラメラ構造を採用しているため、10種の天然由来成分の浸透力が高く、肌の奥までしっかりと美容成分を浸透させることができますよ。

 

 

毛穴が目立つ原因/皮脂過剰による毛穴の開き・毛穴の黒ずみ

 

毛穴が目立つ原因に、皮脂過剰による毛穴の開きや毛穴の黒ずみがあります。

オイリー肌の方は皮脂の分泌量が多いため毛穴が開いた状態となっています。

毛穴の中に皮脂や汚れが詰まると酸化し黒ずんで見えます。

これが、いちご鼻の原因となります。

オイリー肌の人は肌の水分と油分のバランスが乱れた状態です。

オイリー肌の原因は、食生活やホルモンなどがあります。

成長ホルモンの生成が活発な年代では皮脂過剰となりオイリー肌の原因となります。

脂っこいものや甘いものばかりの食生活もオイリー肌の原因となります。

 

 

シミトリーは毛穴の開きや黒ずみに効果はある?

 

収れん効果のある成分を配合した化粧品で、開いた毛穴を閉じることで過剰な皮脂分泌が改善し、毛穴の開きや黒ずみは解消します。

シミトリーには収れん作用のある成分が配合されているため、毛穴の開きや毛穴の黒ずみに効果的です。

また、黒ずみの原因は皮脂や汚れなどが酸化することなので、抗酸化作用の強い成分を配合している化粧品を使用することで、黒ずみを解消することができます。

シミトリーには抗酸化作用の強い成分が豊富に配合されているため、毛穴の開きや毛穴の黒ずみに効果的です。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1本で美白&保湿できる!

 

 

 

 

[シミトリー/シミ消える]ニキビやニキビ跡・色素沈着にも効果的な理由

 

 

「シミトリーはシミが消えるの?ニキビ跡がシミになっちゃった・・・。」

「ニキビ跡って治らないの?色素沈着が酷くて・・・。」

ニキビ跡が色素沈着を起こして目立ってしまうというケースが多いですよね。

ニキビには大きく分けると炎症を伴う赤ニキビ、炎症は起こしていない白ニキビ、白ニキビが酸化した状態の黒ニキビの3種類があります。

ニキビ跡が色素沈着やシミになる理由は、ニキビによる炎症が起こると、肌は防御反応としてメラニンの生成を活性化することでシミが出やすくなるからです。

肌荒れやニキビなどの炎症は、シミやそばかすの原因となります。

ニキビができにくい肌に整えたり、ニキビの炎症に効果的な成分配合の化粧品を使用するなどして、シミやそばかすを予防したいですね。

シミトリーは抗菌作用や抗炎症作用のある成分が豊富に含まれているため、ニキビを予防したり、ニキビができている肌にも使用することができますよ。

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

ニキビやニキビ跡にも効果的!

 

 

 

 

 

ニキビの種類と原因・赤ニキビ

 

ニキビの種類と原因について紹介します。

赤ニキビは、炎症を伴うニキビであり、最も色素沈着(シミ)を起こしやすく、ニキビ跡も残りやすい種類です。

赤ニキビは、毛穴が詰まり皮脂などの汚れにより炎症が起きることが原因となります。

一度詰まってしまった毛穴は開きにくいため、同じ場所に何度も繰り返しニキビができるケースが多いです。

毛穴の中に皮脂などの汚れが詰まり炎症が起きると赤く腫れ、痛みやかゆみを伴います。

赤く腫れて痛みがかゆみが出ている状態は、毛穴の中に最近が大量に繁殖している状態です。

思春期のニキビは過剰な皮脂分泌が原因となることが多いのですが、20代以降の大人ニキビは、生活習慣の乱れ、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどさまざまな原因によって起こります。

炎症の起きている肌は、防御反応からメラニンを過剰に生成するためシミや色素沈着が起きやすい状態となっているため、赤ニキビの跡は残りやすく、シミや色素沈着になりやすいのです。

 

 

赤ニキビの対処法・ビタミンCで色素沈着を予防する

 

赤ニキビの対処法はとにかく触らずに清潔に保つことが重要です。

炎症が起きている部分はアクネ菌が大量に繁殖しているため、メイクや皮脂などの汚れによりさらに炎症が強くなります。

メイクなどの汚れが毛穴に詰まるとさらに炎症が強くなりますし、メイク落としの際に皮膚に負荷がかかるため、炎症を起こしている肌には刺激が強いのです。

赤ニキビの跡はシミや色素沈着が起こりやすいため、予防ケアとしてビタミンC誘導体配合の化粧品を使用することをおすすめします。

ビタミンC誘導体は、血行促進効果や収れん作用があり、ニキビの炎症が起きている部分の新陳代謝を正常化し炎症を早く収める効果が期待できますし、収れん効果により過剰な皮脂の分泌が抑えられるためニキビができにくいお肌に導きます。

また、ビタミンC誘導体にはシミやそばかすの原因となるメラニンの生成が活性化するのを抑制する働きがあるため、炎症後のシミや色素沈着を予防することができますよ。

 

 

 

ビタミンC誘導体配合のシミトリーはこちら

 

 

 

 

ニキビの種類と原因・白ニキビ

 

ニキビの種類と原因について紹介します。

白ニキビは、炎症が起きていない状態のニキビの初期段階です。

白ニキビは、毛穴の周りの角質が厚くなることで毛穴の出口が塞がれ、毛穴に皮脂や汚れなどが貯まります。

溜まった皮脂や汚れが毛穴の内側に詰まり、ポコっと盛り上がって見える状態が白ニキビです。

角質が溜まりやすい額や顎などにでき易いニキビです。

毛穴の周りの角質が厚くなることが原因となるため、肌のターンオーバーが乱れていることが原因の1つです。

 

 

 

ニキビの種類と原因・黒ニキビ

 

ニキビの種類と原因について紹介します。

黒ニキビは、毛穴に詰まった皮脂が脂肪の塊になって毛穴を塞ぐことで、毛穴に皮脂や汚れなどの貯まります。

溜まった皮脂や汚れが空気に触れて酸化することで黒く見える状態が黒ニキビです。

黒ニキビは毛穴の周りの角質が固くなり、皮脂が詰まりやすくなることが原因となります。

角質が固くなる、角質が厚くなる状態は肌のターンオーバーがスムーズに行われていない状態と言えます。

 

 

 

シミトリーがニキビに効果的な理由

 

シミトリーがニキビやニキビ跡に効果的な理由について紹介します。

シミトリーはニキビ専用の化粧品ではありません。

シミトリーは1本で美白&保湿ができる化粧品です。

しかし、思春期ニキビ以外のニキビの多くは肌のターンオーバーの乱れや乾燥によって起こります。

シミトリーは保湿成分が豊富であり肌の内側からしっかりと水分を補給することができ、乾燥によるニキビに効果的です。

また、肌の内部からしっかりと潤うと、角質細胞がスムーズに生成できるようになり肌に新陳代謝が改善します。

肌の新陳代謝が改善することでターンオーバーが正常化し、古くなった角質がスムーズに剥がれ、角質層が柔らかい状態になり、肌荒れやニキビなどが起きにくくなります。

 

 

保湿成分が肌のバリア機能を改善する

 

シミトリーには10種の天然由来保湿成分が配合されています。

肌の表面には角質層があり、角質層の中には角質細胞がびっしりと並んでいます。

角質細胞と角質細胞の間にはセラミドが存在し、クッションの役割を果たしています。

角質層の中にセラミドが十分に満たされていると、角質細胞が均一に並んだキメが整った肌となります。

肌表面のキメが整っているため、紫外線や空気の汚れ、ホコリやダニなどの外部刺激から肌を守ることができます。

このようにキメが整っている肌は、肌が本来持っているバリア機能が正常に働くことができます。

しかし、華麗やストレス、間違ったスキンケアなどにより角質層内のセラミドが減少すると、角質最オブが均一に並ぶことができないため、隙間や凹凸が多い肌になります。

このような肌はキメが粗く、隙間からは紫外線や空気の汚れなどが侵入しやすくなり、少しの刺激でも肌に炎症が起きやすくなります。

肌のバリア機能は、角質層内のセラミドが十分に満たされている状態では正常に機能するため、加齢と共にセラミドが減少すると、外部からの刺激に弱くなります。

シミトリーは人の保湿構造に類似したラメラ構造を採用することで、肌にのせるとすぐに肌の奥まで浸透することができます。

肌の奥までしっかりと水分が浸透し、スクワランやシア脂など肌の表面に幕を作って保護する保湿成分が配合されているため、肌内部の水分が蒸発することがありません。

そのため、使い続けるうちの肌の乾燥が和らぎ、肌のキメが整うことで、肌のバリア機能の改善につながります。

 

 

 

抗炎症成分が肌の炎症を抑える

 

シミトリーには抗炎症成分や抗菌成分が豊富に配合されています。

シミトリーに配合されている天然由来エキスには、抗炎症作用や抗菌作用を持つ成分が多いのです。

抗炎症成分や抗菌成分は、すでにできてしまったニキビにも効果的ですし、ニキビができにくい肌を作るためにも効果的です。

シミトリーは7種の無添加なので、ニキビや肌荒れで炎症が起きている状態でも、安心して使用することができます。

ニキビや肌荒れにより炎症が起きている肌は、毛穴の中に大量のアクネ菌が発生しています。

大量のアクネ菌の餌は皮脂や汚れなので、手で触れたり、自然に分泌される皮脂が原因となって炎症が悪化してしまいます。

抗炎症作用や抗菌作用のある成分は、毛穴の中の大量のアクネ菌を沈める効果が期待され、炎症を早く抑えることで、ニキビによる色素沈着やニキビ跡を予防することができますよ。

 

 

 

シミトリーがニキビ跡・色素沈着に効果的な理由

 

シミトリーがニキビ跡、色素沈着に効果的な理由について紹介します。

ニキビの中でも特に赤ニキビは、ニキビ跡や色素沈着が起きやすいニキビです。

シミやそばかすなどの年齢肌の現任の多くは皮膚の炎症によると言われています。

紫外線や肌荒れ、ニキビも皮膚の炎症反応です。

皮膚は炎症が起きると防御反応としてメラニンの生成を活性化し、肌を守ろうとします。

そのため、炎症が起きている状態の肌は常にメラニンが活発に生成されている状態となります。

炎症性のニキビができていれば、その間はずっとメラニンの生成が活発になっており、シミやそばかすを形成しやすいのです。

そのため、特に赤ニキビのように炎症を伴うニキビの跡は残りやすく、色素沈着やシミの原因となります。

では、シミトリーがニキビ跡や色素沈着に効果的な理由について説明をしますね。

 

 

保湿成分が肌のターンオーバーを改善する

 

シミトリーはニキビ跡や色素沈着に効果的な理由を紹介します。

赤ニキビなどの炎症を伴うニキビができると、肌はメラニンの生成を活性化することで炎症から肌を守ろうと働きます。

しかし、炎症が起きている肌は正常なターンオーバーが機能しないため、未熟な角質が肌表面に上がってきてしまうため、正常なバリア機能が働きません。

そのため、ますます外部からの刺激に敏感になってしまいます。

炎症が起きている状態は、肌のターンオーバーは長期化するのではなく短くなり、成熟した角質細胞が作られていないのに肌表面に押し上げられてしまっています。

そのため、肌のターンオーバーを正常化することで肌のバリア機能を改善する必要があります。

肌のターンオーバーは、肌の内側がしっかりと水分で満たされていると角質細胞がスムーズに生成され、肌のターンオーバーが正常に行われます。

ニキビの改善や予防には保湿がとても効果的です。

シミトリーには10種の天然由来保湿エキスが配合されており、肌の内部に浸透しやすい構造となっているため、つけた瞬間から肌の奥まで浸透し潤います。

肌が内側からしっかりと潤うことで肌のターンオーバーは正常化し、肌のバリア機能を改善したり、シミの原因となるメラニンを排出しやすい状態となります。

 

 

美白有効成分がメラニンを排出する

 

炎症を伴うニキビができると、肌はメラニンの生成を活性化するためシミやそばかすができ易い状態となります。

シミトリーに配合されている美白有効成分アルブチンは、メラニンの生成が活性化するのを抑制する働きがあります。

また、美白有効成分アルブチン(ハイドロキノン誘導体)は、メラニンの排出を促す働きもあるため、潜在的なシミやできてしまったシミにも効果的です。

肌は炎症が起きると防御反応としてメラニンの生成を活発にするため、赤ニキビがなかなか治らない状態だと、メラニンは常に活発に生成されている状態となります。

メラニンが過剰に生成されてしまうと、肌のターンオーバーと共に排出することができずに、肌の奥に留まりいずれ色素沈着やシミになって現れます。

過剰のメラニンの量が増えるほど、肌の中層から深部にはたくさんのメラニンがすり鉢状に蓄積し、深部にいくほどメラニンが塊になってはびこるため、排出が困難になります。

シミトリーに配合されている美白有効成分は、メラニンの活性化を抑制する働きと、メラニンの排出を促す働きがあるため、過剰なメラニンの蓄積を予防することでシミやそばかすを防ぐことができますよ。

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

ニキビやニキビ跡にも効果的!

 

 

 

 

[シミトリー/シミ消える]そばかすは遺伝?薬用シミトリーはそばかすに効果ある?美白オールインワンジェルでそばかすケア

 

 

「シミトリーってシミやそばかすケアにも効果はあるの?」

「そばかすは遺伝だから治らないよね!?」

そばかすは遺伝的な要因が大きいと言われていますが、年齢と共に改善するとも言われています。

しかし、シミやそばかすのある部分は、皮膚の中層から深部にかけてメラニンが潜んでいるため、肌のターンオーバーを繰り返してもなかなかシミやそばかすが改善しないことが多いのです。

また、シミやそばかすのある肌は、紫外線の影響を受けやすいため、常にメラニンの生成を活性化して肌を守ろうと防御反応が働きます。

そのため、シミやそばかすのある肌は、しっかりと紫外線ケアをしなければシミやそばかすが増えたり濃くなってしまいます。

遺伝的な要素のつよいそばかすは、美白化粧品で改善することはできません。

しかし、シミトリーに配合されている美白有効成分は、新しいシミやそばかすの予防に効果的です。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

そばかすケアにもおすすめ!

 

 

 

 

そばかすの原因

 

そばかすは雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれ、顔に小さな色素班が現れます。

色白の方(白人)はそばかすが出やすい特徴があります。

子供のそばかすは遺伝的な要因が強く、小さな頃からそばかすがあるという方が多いですね。

しかし、大人になってからのそばかすは、シミと同じく紫外線などが原因となります。

そばかすは、顔にできることがほとんどですが、二の腕や肩、背中など紫外線を受けやすい部位にもできることがあります。

そばかすは5ミリ以下の小さな斑点で、シミのように大きな塊になって現れることはなく、散らばった状態で転々と広がります。

遺伝性の場合は3歳頃からそばかすが現れますが、年齢と共に改善すると言われています。

遺伝性であっても後天性であっても、強い紫外線に当たるとそばかすが悪化するため、十分な紫外線ケアが必要です。

 

 

 

そばかすの対処法

 

そばかすの原因は遺伝的な要素が大きいのですが、対処方法はシミのケアと同じです。

遺伝的なそばかすは年齢と共に薄くなることが多いので、そばかすを完全に消すための対処法というよりは、これ以上にそばかすが増えてしまったり、シミのように濃く大きくならないようにケアが必要です。

そばかすはシミと同じく紫外線により悪化します。

そばかすやシミのように黒い色素が肌上面に出ていると、紫外線のダメージをより強く受けやすくなります。

紫外線のダメージは、肌のバリ機能が低下したときに受けやすくなるため、肌のキメを整えバリア機能を正常に保つことが重要です。

肌のキメを整えるためには、角質層内に十分な水分が保たれていることが重要です。

角質層内に十分な水分が保たれることで角質細胞が均一に隙間なく並ぶため、紫外線など外部からの刺激を受けにくくなります。

また、肌のターンオーバーを正常化して、シミやそばかすの原因となるメラニンの排出がスムーズに行えるようにする必要があります。

加齢と共に肌のターンオーバーは遅延し、過剰なメラニンが肌の奥に停滞し、シミやそばかすの原因となるため、肌の水分と油分のバランスを整え、肌の血行促進により新陳代謝(ターンオーダー)を整えましょう。

 

 

 

シミトリーがそばかすに効果的な理由

 

シミトリーがそばかすに効果的な理由について紹介します。

そばかすは強い紫外線を浴びることで悪化するため、紫外線対策がとても重要です。

紫外線によるダメージを受けにくくするためには、肌のキメを整え肌のバリア機能が正常に働く必要があります。

シミトリーには、肌のキメを整えるセラミド3や、肌にしっかりと水分を補給する保湿成分が豊富に含まれています。

角質層内に十分に水分を補給することでバリア機能が正常に働くため、紫外線によるダメージを受けにくくなります。

また、天然由来エキスには血行促進を促し、肌のターンオーバーを正常化する成分があるため、メラニンの排出をサポートします。

シミトリーに配合されている美白有効成分は、メラニンの生成が活性化するのを抑制する働きと、メラニンが黒色化するのを防ぐ2つの役割があるため、そばかすケアに効果的だと言えますね。

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

そばかすケアにも効果的!

 

 

 

 

[シミトリー/シミ消える]シミトリーが男性にも効果的な理由/シミトリーは男性のシミ対策にもおすすめ

 

「シミトリーはシミが消える?男のシミ対策にも効果はあるの?」

「シミトリーは男性が使っても大丈夫?」

シミトリーは薬用美白化粧品なので、美白がメインですよね。

男性用の美白化粧品はとても少ないため、男性が使っても大丈夫なのか?男性のシミにも効果的なのか?心配する方も多いのです。

シミトリーは、もちろん男性のシミ対策や保湿対策にも使用することができます。

男性は、女性に比べて1年を通して紫外線ケアをしている方は少ないため、30代や40代になるとシミに悩まされる方も多いのです。

また、男性は意外と部分的な乾燥肌に悩んでいる方も多く、特に顎周りはトラブルが起きやすい部位です。

乾燥は、シミやしわ、たるみなどさまざまな肌トラブルを引き起こす原因となるため、しっかりと保湿ケアをしたいですね。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

男性の美白&保湿ケアにおすすめ!

 

 

 

 

 

シミトリーが男性に効果的な理由・保湿成分が豊富

 

シミトリーが男性に効果的な理由は、保湿成分が豊富に含まれているからです。

男性は、女性に比べて皮脂の分泌量が2~3倍もあるため、乾燥肌よりもオイリー肌の方の方が多いのです。

しかし、毛穴が少ない目周りは口周りは、男性も女性と同じく乾燥しがちです。

男性は日常的に、口周りや顎の髭を剃るため、ジェルやクリームなどをつけてケアをしないと肌に傷がつきカサカサになってしまいます。

男性は特にUゾーンが乾燥している方が多いのですが、メンズ化粧品の多くはオイルフリーだったり、収れん作用の強い成分がたくさん配合されていたり、さっぱりとした使い心地の商品が多く、十分に潤わすことができません。

乾燥は、しわやシミ、たるみなどの年齢肌の原因となるため、乾燥を感じる部分は特に保湿ケアをしっかりとすることが大切です。

シミトリーは浸透力が高く、保湿成分が肌の奥に素早く浸透し、肌表面でベタつくことがないため、皮脂が多い男性にもさっぱりとしたテクスチャーで使いやすいですよ。

 

 

 

シミトリーが男性に効果的な理由・低刺激

 

シミトリーが男性に効果的な理由について紹介します。

メンズ化粧品の多くは爽快感や清涼感が強いものが多く、肌に優しい処方よりも使用感が重視されている商品が多いようです。

さっぱりとしたテクスチャーや清涼感のある香りなどを作るために、添加物がたくさん含まれていることも多いですね。

男性は日常的に髭を剃る方が多いので、目に見えない傷が出来ていることが多いのです。

そのため、添加物などの刺激物がたくさん含まれている化粧品を使用するとピリピリと染みてしまうこともあります。

シミトリーは7種の無添加で、炎症のある肌や敏感肌の人も安心して使用することができます。

 

 

 

シミトリーが男性に効果的な理由・美白成分が豊富

 

シミトリーが男性に効果的な理由について紹介します。

シミトリーには美白有効成分が配合されており、シミやそばかすに効果的です。

メンズ化粧品にはシミ対策化粧品はほとんどありませんよね?

男性は女性に比べて紫外線対策や美白ケアを十分にしていない方が多いので、40代以降くらいになるとさまざまな肌トラブルが現れることが多いです。

シミトリーに配合されている美白有効成分アルブチンは、メラニンの生成の活性化を抑制する働きと、メラニンが黒色化するのを防ぐ働きがあるため、高い美白効果が期待できます。

 

 

シミトリーが男性に効果的な理由・ベタつかないテクスチャー

 

シミトリーが男性に効果的な理由について紹介します。

男性は女性に比べて顔の皮脂腺が多いため、皮脂分泌量が約2~3倍あると言われています。

女性よりも毛穴が開きやすく、皮脂量が多いのでベタつくと感じる方が多いのです。

そのため、オイルタイプなどしっとりとした使用感のスキンケアアイテムを使用するとベタついて気持ちが悪いと感じる方が多いですね。

メンズ化粧品の多くはジェルタイプなど、さっぱりとしたテクスチャーのものが中心です。

しかし、さっぱりとしたテクスチャーを重視するため十分に保湿ができない商品も多く、男性のUゾーンは意外と乾燥していることが多いのです。

シミトリーはさっぱりとしたテクスチャーで、浸透力が高いため、肌に乗せるとすぐに浸透し肌表面がベタつくことはありません。

メンズ化粧品のようにテクスチャー重視ではなく、浸透力の高さによりさっぱりとしたテクスチャーを実現しているため、インナードライ肌の方が多い男性にもピッタリです。

 

 

 

シミトリーが男性に効果的な理由・オールインワンジェルだから手軽

 

シミトリーが男性に効果的な理由を紹介します。

シミトリーは1つ9役のオールインワンジェルです。

オールインワンジェルのメリットは、1つのスキンケアアイテムで終了するので時短、手軽などですね。

男性は女性ほどスキンケアアイテムを複数揃えませんし、ケアの時間もそれほどかけない方が多いですよね。

アイテムが増えると面倒に感じてしまいますよね。。。

しかし、オールインワンジェルなら朝の忙しい時間でも、1分ほどでスキンケアが終了するのでとにかく楽!

忙しい男性にもピッタリのアイテムです。

また、男性は女性に比べて皮脂量が多いため、油分の多いスキンケアを複数使用するとベタつきが気になってしまうため、1つのスキンケアで終了するオールインワンタイプは男性の肌質にとても合っている商品ですよ。

 

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

男性の美白&保湿にもおすすめ!

 

 

 

 

[シミトリー/シミ消える]シミトリーとシミウスはとちらが美白効果が高い?美白オールインワンジェルの効果

 

シミトリーとシミウスの比較/美白効果について

「シミトリーはシミが消える効果はあるの?」

「シミトリーとシミウスってどちらが美白効果が高いの?」

シミトリーとシミウスは、どちらも医薬部外品であり美白有効成分を含む薬用美白オールインワンジェルです。

大きな違いは配合されている美白有効成分の種類や、美白有効成分の効果をサポートする美白成分や保湿成分の種類や配合量の違いです。

シミトリーがシミウスよりもおすすめの理由は、シミトリーに配合されているフラバンジェノール+アルブチン(ハイドロキノン誘導体)の組み合わせにより、その他の美白有効成分の数倍~数十倍の美白効果が認められているからです。

シミトリーならメラニンの生成を抑制する効果が高く、肌の奥に潜んでいるメラニンの塊がシミとなって現れないように予防する効果が期待できます。

また、シミトリーに配合されているフラバンジェノールは、ビタミンCの600倍の美容効果があるとされる成分で、くすみのないワントーン明るい肌に導きます。

シミトリーとシミウス、美白効果で選ぶなら断然シミトリーがおすすめです!

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1本で美白&保湿ができる!

 

 

 

 

シミトリーとシミウスの全表示成分について

 

シミトリーの全表示成分

【有効成分】アルブチン

【その他の成分】フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

 

 

シミウスの全表示成分

【有効成分】グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス(1)

【その他の成分】水溶性コラーゲン液、シコンエキス、サクラ葉抽出液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス(1)、トウキンセンカエキス、1,3-ブチレングリコール、プロピレングリコール、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマー、水酸化カリウム、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、
エタノール、1,2-ペンタンジオール、青色1号、赤色106号、パラオキシ安息香酸メチル、香料

 

 

シミトリーとシミウスの全表示成分について紹介します。

シミトリーとシミウスは、どちらも医薬部外品のため有効成分を表示することができます。

どちらも薬用美白オールインワンジェルなので、美白有効成分が配合されています。

シミトリーの美白有効成分はアルブチン(ハイドロキノン誘導体)、シミウスの美白有効成分はプラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウムです。

すでにできてしまったシミは医薬部外品の美白化粧品でも完全に消すことはできません。

美白オールインワンジェルを選ぶときは、すでに肌の奥に潜んでいるメラニンがシミになるのを防ぐことができるものを選びましょう。

メラニン生成の抑制効果の高い成分が配合されているものを選べば、シミやそばかすの予防ができますし、薄いシミや初期のシミであれば改善することができます。

 

 

 

シミトリーVSシミウス/有効成分について(美白効果が高いのはどっち?)

 

シミトリーの美白効果/フラバンジェノール+アルブチンの効果について

画像引用:シミトリー公式サイト

 

シミトリーとシミウスの美白有効成分や、美白効果について紹介します。

シミトリーとシミウスの全表示成分を見ると、シミトリーの美白有効成分はアルブチン(ハイドロキノン誘導体)、シミウスの美白有効成分はプラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウムです。

一見、シミウスには2種類の美白有効成分が配合されているため、美白効果が高いように感じるかもしれません。

しかし、上記の図のように、シミトリーに独自に配合されているフラバンジェノールと美白有効成分アルブチンを組み合わせることで、シミウスの美白有効成分のプラセンタエキスの10倍のメラニン生成抑制効果があります。

図には記載がありませんが、シミウスの美白有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムの美白効果は微々たるもので、どちらかというと美白目的よりも抗炎症効果を目的に配合されることが多い成分です。

では、それぞれの美白有効成分について詳しく紹介していきます。

 

 

 

シミトリーの美白有効成分

 

シミトリーに配合されている美白有効成分はアルブチン(ハイドロキノン誘導体)です。

ハイドロキノン誘導体は、肌の漂白剤と言われるハイドロキノンとは全く異なる成分です。

ハイドロキノンのような強力な美白効果はありませんが、安全性が高く、メラニンの生成を抑制し、メラニンが黒色化するのを予防する働きがあります。

シミトリーには美白有効成分は1種類しか配合されていませんが、美白有効成分と組み合わせて配合することで高い美白効果を発揮する成分が複数配合されています。

美白有効成分アルブチンと併用することで美白効果が高まる成分は、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体にもメラニンの生成を抑制する働きがあります。

アルブチンとビタミンC誘導体を組み合わせることで、よりメラニンの生成抑制効果が期待されますし、ビタミンC誘導体は血行促進作用のある成分のため、肌の新陳代謝を高め(ターンオーバーの正常化)メラニンを排出しやすい肌を作ります。

アルブチンとフラバンジェノールの組み合わせも、より美白効果を高めることができます。

フラバンジェノールは海岸松の樹脂に含まれる成分で、大量のポリフェノールを含んでいます。

ポリフェノールにはさまざまな種類がありますが、抗酸化作用・保湿作用・美白作用など美容効果の高い成分です。

フラバンジェノールは角質細胞を潤いで満たす役割があるため、乾燥による肌のくすみを解消する働きや、高い抗酸化作用によりビタミンCの600倍の美肌効果があるとされています。

フラバンジェノールとアルブチンを組み合わせることで、シミやそばかすを強力に予防し、くすみのない美肌に導くことができます。

 

 

シミウスの美白有効成分

 

シミウスの美白有効成分は、グリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタエキスです。

どちらの成分も薬用美白化粧品に配合されていることが多い成分です。

美白有効成分は20種類以上がありますが、美白有効成分によりできてしまったシミを完全に消すことはできません。

すでにできてしまったシミの部位には、肌の中層から深部にかけてすり鉢状にメラニンが蓄積し、塊となって存在しています。

そのため、いくら肌のターンオーバーによりメラニンが排出されたとしても、過剰なメラニンの塊となってしまうと排出が間に合わず、いずれシミや色素沈着となって現れます。

そのため、美白化粧品を選ぶときは、メラニンの生成抑制効果の高い成分がどの程度配合されているのかが重要です。

シミウスの美白有効成分の2種類は美白効果としては弱く、メラニンの生成抑制効果の高い成分が一緒に配合されていないため、あまり美白効果は期待できません。

配合成分から、シミウスよりもシミトリーの方が美白効果が高いと言えますね。

 

 

シミトリー・シミウスの保湿成分

 

項目 シミトリーの保湿成分 シミウスの保湿成分
天然由来成分 フラバンジェノール、ビルベリー葉エキス、ユキノシタエキス、マロニエエキス、カンゾウフラボノイド、天然ビタミンE、セラミド3、オリブ油、スクワラン、シア脂 ヒアルロン酸、シナノキエキス、
合成成分 3-O-エチルアスコルビン酸(ビタミンC誘導体)、ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル(ビタミンC誘導体)、トリイソステリアン酸グリセリン、

 

グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス、水溶性コラーゲン液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)

 

 

シミトリーには10種の天然由来保湿エキスが配合されています。

シミトリーに配合されている、保湿効果の高い合成成分は3種類で、天然由来保湿成分と合わせると合計13種類の保湿成分が配合されています。

特に注目されるのが、天然由来の保湿成分が豊富に配合されている点です。

また、シミトリー独自に配合されているフラバンジェノールの保湿効果の高さです。

フラバンジェノールは角質層内の水分量を増加させる働きがあるため、肌のキメが整いバリア機能の改善や、美白効果にもつながります。

また、シミトリーは7種の無添加となっており、香料や着色料などの添加物が無添加なので、安心して継続使用することができるため、より高い保湿効果が期待できますね。

次にシミウスの保湿成分は、天然由来の保湿成分が2種類配合されています。

天然保湿成分10種類を配合しているシミトリーに比べると種類も含有量も少ないため、高い保湿効果は期待できません。

そして、保湿効果のある合成成分は4種類配合されているため、天然由来保湿成分の2種類と合計すると6種類の保湿成分が配合されています。

シミトリーは合計13種類の保湿成分が配合されているので、シミウスに比べて保湿成分の種類・配合量とも多く、高い保湿効果が期待できると言えます。

シミトリーがシミウスよりも保湿効果が高いと言えるのは、シミトリー独自に配合されているフラバンジェノールの保湿力の高さです。

また、ジェルの構造による浸透力の違いも大きいようです。

シミトリーは、人の保湿構造に類似する球状ラメラ構造で、シミウスはダブルクリスタル製法を採用しています。

どちらも肌の奥まで美容成分が浸透できるような形状になっていますが、シミウスはマッサージジェルとして使用する目的で作られているため、肌への浸透力は低いのです。

シミウスは、5分ほどかけてマッサージをしながら美容成分をなじませるためテクスチャーは固く、しっかりと正しくマッサージをしなければ美容成分が肌に浸透できません。

でもシミトリーはマッサージジェルを目的としていないため、テクスチャーがさらっと柔らかく、肌に乗せるとすぐに肌の奥まで美容成分が浸透します。

その結果、肌の奥に保湿成分をしっかりと届けることができ、肌表面には肌の水分の蒸発を防ぐスクワランやシア脂、オリブ油などが配合されているため、長時間の保湿が可能です。

 

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1本で保湿&美白できる!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました