[シミトリー/乾燥]効果(乾燥する)シミが消える/肌が乾燥するのはどうして/効果と副作用

[シミトリー/乾燥]乾燥肌や敏感肌でも安心な3つの理由

 

シミトリーは乾燥肌・敏感肌でも安心な3つの理由

 

 

 

シミトリーは乾燥肌・敏感肌でも安心して使用することができます!

「オールインワンジェルだと乾燥しちゃう!」という方も、シミトリーなら高い保湿効果で乾燥を防ぐことができます。

シミトリーが乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使用できる理由は「肌の保湿構造に酷似したラメラ構造により保湿効果が高い」「7つの無添加により敏感肌でも安心」「10種の天然由来保湿成分により肌の奥までしっかり保湿できる」の3つです。

他のオールインワンジェルを使ってみたけど乾燥してしまった方、肌が弱くて新しい化粧品を使うのが不安な方、低刺激で肌に優しい処方の化粧品を使いたい方など、シミトリーなら副作用の心配がなく安心して使用することができますよ。

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

乾燥肌や敏感肌でも安心して使える

 

 

 

 

 

[シミトリー/乾燥]シミトリーだけでは乾燥する人がいるのはどうして?保湿成分の効果と副作用/乾燥するときの対処法

 

シミトリーのラメラ構造について/乾燥肌でも安心の高い浸透力

 

 

シミトリーは乾燥肌や敏感肌でも安心して使用できる理由や、シミトリーだけでは乾燥してしまう理由について紹介します。

「オールインワンジェルだけだと乾燥する!」

「乾燥肌だからオールインワンジェルだけだと不安。。。」

一般的なオールインワンジェルでは、乾燥肌や敏感肌の方は肌の内部をしっかりと保湿することができず、ジェルのみでは乾燥を感じる方が多く見られました。

でも、シミトリーは肌の保湿構造と酷似しているラメラ構造となっているため、美容成分が肌の奥まで浸透しやすく、乾燥を感じにくいのです。

シミトリーなら、1本でも保湿効果を実感した!という方が多く見られます。

シミトリーだけでは乾燥を感じる理由を紹介していきます。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

乾燥肌・敏感肌でも安心して使える!

 

 

 

 

シミトリーだけでは乾燥する理由・ビタミンC誘導体の作用によるもの

 

シミトリーにはビタミンC誘導体が複数配合されています。

ビタミンC誘導体はシミ対策に効果的な成分として、多くの美白化粧品に配合されている成分です。

ビタミンC誘導体は、美白効果や皮脂の分泌を抑制する効果、肌を引き締める効果、抗酸化効果、抗炎症効果などさまざまな効果があります。

ビタミンC誘導体の、皮脂分泌料の抑制効果や肌の引き締め効果により、もともと肌が乾燥しやすい人や、乾燥が強い季節などは、肌の乾燥を感じることがあります。

ビタミンC誘導体配合の化粧品は、オイリー肌やニキビ肌の方の皮脂分泌をコントロールする目的で配合されることもあります。

シミトリーに含まれるビタミンC誘導体は、3-O-エチルアスコルビン酸(ビタミンCエチル)とヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルの2種類です。

ビタミンCは壊れやすい成分のため、化粧品に配合される際にはビタミンC誘導体として配合されることが多く、ビタミンC誘導体は肌に乗せるとビタミンCとしての作用を果たし、ビタミンCのように壊れやすい性質がないため重宝されています。

ただ、ビタミンC誘導体は皮脂分泌抑制の作用があり、乾燥を感じる方もいるのですが、メラニン抑制作用や美白作用などメリットが大きい成分でもあります。

 

 

シミトリーだけでは乾燥する理由・乾燥肌や敏感肌など肌質によるもの

 

「乾燥肌だから保湿系のスキンケアじゃないと満足できない!」

「シミトリーだけだと何となく保湿が足りない!」

乾燥肌や敏感肌の方は、肌の内側の水分を抱え込む力(細胞間脂質の働き)が弱く、水分が不足している状態です。

もともとも肌質によっては、シミトリーだけでは乾燥を感じることもあります。

細胞間脂質の働きが弱い乾燥肌や敏感肌の方は、肌質を改善することで、オールインワンジェルのみのお手入れでも乾燥を感じにくくなります。

細胞間脂質の多くはセラミドであり、セラミドは肌の内部で水分を抱え込み、潤いを保つ働きがあります。

乾燥肌や敏感肌の方はセラミドの量が少ないため、セラミド配合の化粧品で補うと効果的です。

シミトリーは人型セラミド(セラミド3)が配合されているため、肌への浸透力が高く、肌質の改善が期待できます。

肌質の改善には時間がかかるため、使い始めたばかりのころはシミトリーだけでは乾燥してしまう方も、使い続けて肌質が改善することで乾燥を感じにくくなります。

乾燥を感じる間は、シミトリーだけではなく化粧水で水分を補い、クリームで油分の蓋をすると、水分と油分のバランスのとれた健康な肌を保つことができますよ。

 

 

シミトリーだけでは乾燥する理由・その他のスキンケアアイテムによる乾燥

 

シミトリーと併用してその他のスキンケアアイテムを使用している方もいますよね?

シミトリーは9つの役割を持つオールインワンジェルですが、お手持ちのスキンケアアイテムと併用してお手入れをしている方も多いですよね。

シミトリーを使うと乾燥すると感じる方は、使う順番が間違っていたり、スキンケアアイテムとの組み合わせが悪く乾燥を感じることがあります。

スキンケアアイテムを塗布するときは、水分量の多いアイテムから使用します。

順番を間違えて使用すると、せっかくの保湿成分が肌の内部まで浸透することができずに乾燥を感じます。

また、他のスキンケアアイテムが収れん効果の高いアイテムや、皮脂吸収型のスキンケアアイテムの場合は、保湿効果が低下することがあります。

シミトリーにはセラミドやスクワラン、フラバンジェノールなど、高い保湿効果のある成分が豊富に配合されていますが、オイリー肌やニキビ肌向けのスキンケアアイテムとの相性は悪いのです。

シミトリーと併用してその他のスキンケアアイテムを使用するときは、水分量が多いアイテムから使用することと、オイリー肌やニキビ肌向けのアイテムとの併用は避けることをおすすめします。

 

 

シミトリーだけでは乾燥する理由・1回の使用量が少ない

 

シミトリーだけでは乾燥する理由に、1回の塗布量が少ないことがあります。

シミトリーの1回量の適量はさくらんぼ大1個分です。

さくらんぼ大1個分は、普段のスキンケアアイテムの使用量と比べると多いと感じると思います。

「こんなにたくさん使うの?もったいない!」と思うかもしれません。

でも、1回量よりも少なく塗布すると、顔に塗り広げるさいに余計な摩擦をかけることになり、肌への負担が大きくなりますし、肌の奥まで十分に保湿することができないため乾燥を感じやすくなります。

シミトリーの1回量は多く感じると思いますが、肌の保湿構造と酷似したラメラ構造を採用しているため、肌なじみがとても高く、すぐに美容成分が肌の奥まで浸透します。

そのため、1回量をしっかりと守り、乾燥肌や敏感肌の方は適量よりも多めの量を塗布すると効果的ですよ。

 

 

シミトリーだけでは乾燥する理由・サラっとしたテクスチャー

 

シミトリーだけでは乾燥する理由には、サラットしたテクスチャーにあります。

水のようにサラサラとしてテクスチャーで、顔に乗せるとあっという間に肌になじむため、何となく保湿効果を実感しにくいかもしれません。

さっぱりとしたテクスチャーが好きな方や、もともとさっぱり系のテクスチャーのスキンケアを使用していた方なら違和感はありませんが、保湿系のアイテムを普段から使用している方にとっては心もとないテクスチャーに感じるかもしれませんね。

シミトリーは、テクスチャーはサラッとしていますが、顔に塗布すると肌の奥にすぐに浸透し、肌の内側からしっかりと保湿することができます。

肌の内部に浸透しやすい成分のため、肌表面にいつまでもベタつきが残りません。

肌表面がサラッとしていると保湿されているのかな?と不安になるかもしれませんが、美容成分が肌の内側まで浸透し、しっかりと保湿をしてくれるので安心ですよ。

 

 

シミトリーだけでは乾燥する理由・球状ラメラ構造により肌への浸透力が高い

 

シミトリーだけでは乾燥する理由は、肌への浸透力が高いからと言えます。

人間の肌は、細胞間脂質と水分を保有する層が交互に折り重なるラメラ構造をしています。

シミトリーは、日本で唯一、肌の保湿構造と類似した球状ラメラ構造を採用することで、美容成分がすばやく肌の奥まで浸透することができます。

他のスキンケアやオールインワンジェルに慣れていると、シミトリーは顔に塗布するとすぐに浸透するので「ちゃんと保湿できているの!?」と不安になってしまいます。

スキンケアやオールインワンジェルに含まれている美容成分は粒子が大きいため、肌の内部まで浸透することができません。

しかし、シミトリーに配合されている美容成分は肌の保湿構造と類似した球状ラメラ構造になっており、肌の奥まで浸透することができます。

そのため、肌表面に美容成分が残ることがないため、使い心地がサラっとして肌なじみが良いのです。

今までにない使い心地のため、最初は乾燥しているように感じるかもしれませんが、それは肌の奥まで浸透している証拠でもあります。

肌表面がしっとりとした質感を好む方は、シミトリーを塗布した後に、乳液やクリームなど油分の多いアイテムで蓋をすると良いかもしれませんね。

 

 

 

シミトリーだけでは乾燥するときの対処法について

 

シミトリーだけでは乾燥してしまう理由についてさまざま説明しました。

では、シミトリーだけでは乾燥してしまう場合はどのような対処法があるのか紹介します。

シミトリーだけでは乾燥してしまう場合の対処法は大きく以下の3つの方法があります。

 

対処法1・乾燥する部分は重ねづけする

対処法2・その他のスキンケアアイテムと併用する

対処法3・ジェルパックやコットンパックをする

 

 

シミトリーの乾燥するときの対処法Q&A

 

Q・これだけで潤いを保てるか心配です。重ねづけが必要ですか?

A・SimiTRYは、さっぱりした使用感ですが、なめらかに伸びて肌に均一なヴェールを形成し、肌の上で長時間留まり、効果が持続します。 乾燥が気になる部分には重ねづけをしていただくことで、うるおいを感じていただけますし、SimiTRYの後にお手持ちの乳液やクリームをご使用いただくことで、さらにしっかりと保湿ケアできます。(シミトリー公式サイト

 

 

シミトリーだけでは乾燥するときの対処法についてシミトリー公式サイトに回答があったので紹介します。

公式サイトでもやはり、重ねづけとスキンケアアイテムの併用を推奨しています。

特に乾燥するのは、目の周りと口周りという方が多いですよね?

Tゾーンや頬はそれほど乾燥しない方が多いと思います。

乾燥しやすい部分はシワになりやすい部分のため、乾燥を感じる場合は乾燥している部分のみ重ねづけするのがおすすめです。

次に乳液やクリームの併用ですが、乳液やクリームはオールインワンジェルよりも油分が多く、肌表面に皮膜をはることで角質層の水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。

そのため、シミトリーだけでは乾燥する場合は、シミトリー塗布後に乳液やクリームなど油分の多いスキンケアアイテムを追加すると良いですね。

シミトリーはパックとしても使用することができるため、より浸透力を高めるためにジェルパック(コットンパック)をするのもおすすめです。

やはりシミトリーだけでは乾燥してしまう方は乾燥肌や敏感肌の方が多いので、肌の内部の水分を蓄える力を高める必要があります。

肌質の改善には時間がかかるため、シミトリーだけでは乾燥してしまうからと辞めてしまうのではなく、他の方法も組み合わせることで解消することができますよ。

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

14日間の全額返金保証つきで安心!

 

 

 

 

[シミトリー/乾燥]乾燥性敏感肌でも肌荒れせず安心/7つの無添加と天然由来保湿成分について

 

シミトリーの7つの無添加について

 

シミトリーは乾燥肌、敏感肌でも肌荒れの心配なく安心して使用することができます。

シミトリーは、医薬部外品(薬用美白オールインワンジェル)なのに、7つの無添加となっています。

「敏感肌で合わない化粧品を使うと肌荒れしちゃう・・・。」

「化粧品によってはカサカサになったり、肌荒れするから肌に優しい化粧品しか使えない。」

敏感肌や乾燥肌の方は、肌のバリア機能が低下し、少しの刺激でも強く反応してしまい肌荒れを起すことがあります。

健康な肌の人に比べて刺激に弱い状態なので、不要な添加物が配合されている化粧品は避けたいですね。

シミトリーは、不要な7つの添加物を無添加とし、敏感肌や乾燥肌の方も安心して使うことができます。

今まで化粧品で肌荒れをしたことがある方、乾燥からヒリヒリと滲みてしまう方などには、低刺激のシミトリーがおすすめです。

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

14日間の全額返金保証つきで安心!

 

 

 

 

乾燥性敏感肌について/敏感肌の原因・症状について

 

人はさまざまな外部刺激(気温の変化・乾燥・ダニ・ハウスダスト・雑菌など)にさらされて生活しています。そんな中、お肌が健康な状態を保っていられるのは、からだを覆う皮膚が、外部刺激をブロックするバリアのような働き(バリア機能)をしているから。

しかし、バリア機能が低下すると、乾燥しやすく敏感な状態になり刺激が皮膚に侵入しやすく、肌トラブルの原因となることもあります。この状態が乾燥性敏感肌です。(引用:乾燥性敏感肌ってなあに?

 

肌の表面は古い角質層があり、肌のターンオーバーに合わせて新しい角質層と入れ替わります。

肌表面の角質層は、2枚重ねのティッシュを1枚に割いた厚み(0.02mm)しかありません。

洗顔やスキンケアの際に、肌をゴシゴシと擦ってしまうと、角質層が剥がれてしまい、肌が外部からの刺激に弱い状態となってしまいます。

肌のターンオーバーの乱れは、生活習慣・ストレス・加齢など、さまざまなことが原因となります。

肌のターンオーバーが乱れると、新しい角質層を作ることができないため、角質層内の保湿成分(セラミドなど)が不足した状態となり肌の乾燥に繋がります。

また、肌のターンオーバーが乱れ、新しい角質層と古くなった角質層の入れ替わりがスムーズに行えなくなると、肌がは外部からの刺激をブロックする力が低下し、バリア機能の低下に繋がります。

このような状態では、添加物や刺激性の強い成分が含まれた化粧品を使用すると、肌荒れを起こしたり、ヒリヒリやカサカサに繋がります。

乾燥性敏感肌の改善には、肌のターンオーバーを正常化することが必要です。

角質層内の水分が不足している状態では、皮膚は新しい肌細胞を作る力が低下してしまいます。

肌の内部からしっかりと保湿し、肌細胞がスムーズに作られる環境を作らなければなりません。

シミトリーは、肌の保湿環境に類似したラメラ構造となっており、天然由来保湿成分が肌の奥まで素早く浸透するため、肌の内側からしっかりと保湿することができますよ。

 

 

 

1本で保湿&美白ができる!「シミトリー」公式サイトを見る

 

 

 

シミトリーの7つの無添加/安全性について

 

シミトリーは、パラベン・アルコール(エタノール)・界面活性剤・香料・着色料・鉱物油・シリコーンの7つが無添加となっています。

化粧品は、品質保持や安全性の理由から必要な添加物もあります。

例えば防腐剤などの添加物は、品質保持に必要と言えます。

逆に、化粧品の品質保持とは関係のない、香料や着色料は必要のない添加物と言えます。

シミトリーは、不要な添加物は一切使用していません。

刺激性の強い添加物は無添加となっていますが、ビタミンC誘導体など化学合成成分も含まれています。

100%オーガニックの化粧品以外は、何かしらの化学物質が含まれています。

しかし、100%オーガニックだから安心ということではなく、植物性のエキスなどでアレルギーを起すこともあります。

乾燥肌や敏感肌の方は特に刺激の強い成分には注意が必要ですが、不要な添加物が配合されている化粧品も避けたほうが安心です。

シミトリーは不要な添加物は一切含まれていませんし、低刺激なので安心して使用することができますよ。

 

 

パラベン無添加

 

シミトリーはパラベン無添加です。

多くの化粧品にはパラベンが配合されていますね。

パラベンはパラオキシ安息香酸エステルと呼ばれ、主に防腐剤の目的で使用されています。

食品や化粧品など幅広い用途で使用されている添加物です。

パラベンは刺激性が強い、配合量が多いと肌トラブルの原因になるとされています。

そのため、パラベンは悪者のようなイメージを持たれることが多いのですが、防腐剤は化粧品の品質維持には必要な添加物とも言えます。

多くの化粧品にパラベンが配合されていますが、どの程度の配合量なのかは成分表示を見ても分からないですよね。

防腐剤は化粧品の品質保持に重要ですが、パラベンである必要はありません。

刺激が少なく、肌トラブルの原因となる可能性がパラベンよりも低い添加物はたくさんあります。

乾燥肌や敏感肌の方は、肌のバリア機能が低下し、少しの刺激でも肌トラブルに繋がる可能性があるため、パラベン配合の化粧品は避けたほうが無難ですね。

 

Q・肌トラブルの原因となることもあると言われていますが・・・

A・稀に「パラベンを配合した化粧品は肌がかぶれる」などといった情報が発信されていることがありますが、この場合の多くは配合されている量が多いことが原因となっています。資生堂では、厳しい安全性の基準を設け、専門家が個々の製品毎に適切な量を設定しておりますので安心してお使い頂けます。(資生堂

 

資生堂のQ&Aからも分かるように、パラベンの配合量をメーカー側で厳格に設定していることもあります。

パラベン配合の化粧品が全て悪いのではなく、配合量が分からい場合や、メーカーのスタンスが分からないような化粧品は避けたほうが安心です。

 

 

アルコール(エタノール)無添加

 

シミトリーはアルコール(エタノール)無添加です。

化粧品に配合されているアルコールは、一般的にはエチルアルコールのことを指します。

エチルアルコールはアルコール飲料にも含まれる成分で、さまざまな成分を溶かす作用を持っており、刺激性が強いものです。

シミトリーは、アルコール(エタノール)は無添加ですが、フェノキシエタノールが防腐剤として配合されています。

フェノキシエタノールは、刺激性の強いエチルアルコールとは全く別ものです。

フェノキシエタノールはアルコール(エタノール)とは全く異なる成分のため、アルコールにアレルギーがある方や、アルコールに弱い方も安心して使用することができます。

フェノキシエタノールは強い抗菌作用があり、小児用ワクチンなどにも使用されている安全性の高い成分です。

化粧品に使用される際は、抗菌や防腐剤の目的で配合されます。

化粧品には品質保持の目的で必要な添加物もあり、防腐・抗菌作用のある添加物は必要な添加物と言えます。

刺激性が低い添加物であれば、敏感肌の方も安心して使用することができます。

 

 

界面活性剤無添加

 

シミトリーは界面活性剤が無添加です。

界面活性剤は、オールインワンジェルのように水分と油分など、互いに混ざり合うことのない成分を均一に混ぜる(乳化)ために使用される添加物です。

界面活性剤は、長期間の使用により皮膚の角質に作用し、肌表面の滑らかさを奪い、肌トラブルの原因となることが分かっています。

界面活性剤にはさまざまな種類があり、種類によっては刺激性が、肌トラブルの原因となります。

シミトリーは界面活性剤は無添加であり、低刺激のため乾燥肌や敏感肌の方も安心して使用することができます。

 

 

香料無添加

 

シミトリーは香料無添加です。

香料は、化粧品に香りをつける添加物であり、化粧品の品質保持のために不要な添加物です。

良い香りのする化粧品はリラックス効果など得られる反面、香料の種類によっては肌への刺激性が高いものもあります。

香料は化粧品の品質保持では不要な添加物のため、香料は無添加の化粧品は避けたほうが安心です。

シミトリーは香料無添加なので、刺激が少なく、乾燥肌や敏感肌の方も安心して使用することができますよ。

 

 

着色料無添加

 

シミトリーは着色料無添加です。

綺麗な色の化粧品は、見た目も綺麗ですし鮮やかな着色だと元気な気持ちになれたり、色によってテンションが上がったり、穏やかな気持ちになることもあります。

でも、着色料は種類によっては刺激性が高く、肌トラブルの原因となることがあります。

着色料は、天然の成分から抽出される天然着色料と、石油やタールから合成される合成着色料の2種類があります。

天然の着色料は植物由来であり、刺激性の強いものはありませんが、合成着色料の中には人体に悪影響を及ぼす危険性のある成分も含まれています。

合成着色料はタール色素から作られ、体内ではほとんど分解されることがなく停滞してしまい、発がん性や催奇形成の危険性があるとされています。

欧米では発がん性や催奇形成の危険性があるため使用禁止となっている、赤色2号や黄色4号などの合成着色料が日本では使用可能となっています。

見た目が鮮やかで綺麗な化粧品には、何かしらの着色料が配合されていることが多く、刺激性の強い成分である可能性があるため、着色料配合の化粧品は避けたほうが良いですね。

シミトリーは、着色料無添加なので、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使用することができますよ。

 

 

鉱物油無添加

 

シミトリーは鉱物油無添加です。

鉱物油は石油を精製して得られる油のことであり、石油由来であることから、肌に悪いとのイメージを持っている方が多いようです。

ワセリンをクリーム代わりに使用する美容法が注目されていますが、ワセリンも鉱物油の1つです。

以前は鉱物油の抽出技術が低く、純度の低い鉱物油が配合された化粧品が多かったのですが、現在では抽出技術の向上により、十分に精製され不純物がほぼない状態の鉱物油を得ることができます。

しかし、鉱物油が配合されていてもどの程度に精製されているのかは分かりません。

鉱物油は肌に浸透することがなく肌表面に残るため、純度の低い鉱物油の場合は、肌表面に残り毛穴を塞いでしまう可能性があります。

毛穴が塞がれることで、毛穴詰まりの原因となります。

シミトリーは鉱物油無添加なので、乾燥肌や敏感肌の人も安心して使用することができます。

 

 

シリコーン無添加

 

シミトリーはシリコーン無添加です。

シリコーンは主に、ジェルの乳化安定剤として使用されています。

シリコーンは揮発性に優れており、化粧品を塗布した後に残るベタつきを解消するため、主に化粧水の使用感を高めるために配合されています。

シリコーンは毛穴を詰まらせる可能性があると言われているのは、シリコーン配合の化粧品は肌の表面にラップをかけている状態と同じだからとされています。

シリコーン配合の化粧品を塗布することで、肌表面にシリコーンの膜ができ、毛穴が長時間塞がれることで肌トラブルの原因になると言われています。

シリコーンは多くの日用品やコンタクトレンズなどの医薬品、化粧品に使用されており安全性が極めて高い成分です。

しかし、吸着性が高いため一度毛穴に詰まると、なかなか洗い流せないため毛穴トラブルが起こる可能性も否定できません。

化粧品の使用感を高めるために配合されるシリコーンですが、化粧品の品質維持のためには不要な添加物とも言えます。

シリコーン配合の化粧品は避けたほうが無難ですね。

シミトリーはシリコーン無添加なので、乾燥肌や敏感肌の人も安心して使用することができますよ。

 

 

 

7つの無添加で安心!敏感肌にもおすすめのオールインワンジェルはこちら

 

 

 

 

シミトリーに含まれる天然保湿由来成分の作用と副作用について

 

シミトリーの天然由来成分の作用と副作用について

 

シミトリーには10種の天然由来成分が配合されています。

シミトリーに配合されている天然由来成分は、「フラバンジェノール」「ビルベリー葉エキス」「ユキノシタエキス」「マロニエエキス」「カンゾウフラボノイド」「天然ビタミンE」「セラミド3(N-ステアロイルフィストフィンゴシン)」「オリブ油」「スクワラン」「シア脂」の10種です。

これらの天然由来成分は、天然成分のため肌への刺激性が弱く、敏感肌や乾燥肌の方も安心です。

しかし、全くアレルギーがない方や、健康的な肌の方が植物性のエキスで肌トラブルを起す可能性もわずかにあります。

一般的な合成成分に比べて肌への刺激性は低いのですが、全ての人に安全というわけではありません。

では、それぞれの天然保湿成分の作用と副作用の可能性について紹介します。

 

 

フラバンジェノール

 

シミトリーに含まれる天然由来保湿成分の1つがフラバンジェノールです。

フラバンジェノールは、シミトリーを開発・製造するフォーマルクラインが研究を重ねている美容成分の1つで、高い保湿力や抗酸化力を持つ成分です。

フラバンジェノールは、フランスのランド地方の海岸松の樹皮に含まれる成分です。

海岸松は、強い紫外線や潮風などの過酷な環境から身を守るために、紫外線予防や抗酸化に効果的なポリフェノールを豊富に含んでいます。

フラバンジェノールは、海岸松の樹皮に含まれるオリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)と呼ばれる成分から抽出されます。

フラバンジェノールは、ほとんどの植物に豊富に含まれるポリフェノールの一種であるフラバンジェノールを豊富に含み、高い抗酸化力や紫外線予防効果を持ちますが、それ以外にも高い保湿効果があるとされています。

フラバンジェノールの保湿効果は、水分を抱え込む性質のあるセラミドやコラーゲン以上だと言われています。

フラバンジェノールの作用は、さまざまな肌悩みに効果的ですが、植物由来成分のため希に肌に合わない人もいます。

フラバンジェノールは美容成分として注目されている成分ですが、刺激性の強さや重篤な副作用の報告はないので安心して使用することができますよ。

 

 

ビルベリー葉エキス

 

ビルベリー葉エキスは、ビルベリーの実から抽出されるエキスで、豊富なポリフェノール・アミノ酸・ミネラルなどを含む美容成分です。

豊富なポリフェノールを含むことから、高い抗酸化作用や紫外線予防効果が期待されています。

ビルベリー葉エキスには、肌の弾力を低下させる酵素であるコラゲナーゼやエラスターゼを阻害する働きがあるとされ、アンチエイジングに効果的な成分として注目されています。

また、ビルベリー葉エキスには肌の真皮でGABAを生み出す酵素を増加させる働きがあり、真皮の主な成分であるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生み出す繊維芽細胞の増殖を促進することが期待されています。

コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンは肌の奥で水分を蓄える働きがあり、繊維芽細胞が増殖する肌の内側からしっかりと保湿できるようになります。

シミトリーに含まれるビルベリー葉エキスは、保湿効果が期待できますね。

ビルベリー葉エキスは、重篤な副作用は報告されていませんが、植物性のエキスに敏感な方もいます。

 

 

ユキノシタエキス

 

ユキノシタエキスは、ユキノシタの全草から抽出される美容エキスです。

ユキノシタエキスは主に、アントシアンなどのポリフェノールや、アルブチン・ミネラルなど含んでいます。

ポリフェノールの作用により高い抗酸化作用や、アンチエイジング効果が期待されています。

ユキノシタエキスには、セラミドの合成を促進する働きがあり、保湿やバリア機能の改善などが期待されます。

敏感肌や乾燥肌の方は、肌の奥の水分を抱え込む力が弱くセラミドが不足している状態です。

セラミド(細胞間脂質)には水分を蓄える力があり、肌の弾力を保つ役割があります。

シミトリーに含まれるユキノシタエキスは保湿効果が期待できますが、植物由来であるため稀に肌に合わない場合もあります。

 

 

マロニエエキス

 

シミトリーに含まれるマロニエエキスは、セイヨウトチノキという落葉樹の実や葉から抽出される美容成分です。

マロニエエキスには、エスシン・タンニンなどのポリフェノールが豊富に含まれており、高い抗酸化作用やアンチエイジング作用が期待されています。

マロニエエキスの効能には、血行促進作用があり、血行を促進することで肌の新陳代謝を高め、肌細胞の生まれ変わりをスムーズに行う効果が期待されます。

肌の新陳代謝が活性化することで、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの真皮細胞の増殖が活性化されることで、潤いのある肌に導きます。

化粧品に使用される際には、肌に刺激を与えることで血行促進をする作用があるため、多少の刺激性の強さがあります。

 

 

カンゾウフラボノイド

 

カンゾウフラボノイドは、マメ科の植物カンゾウかの根から抽出される成分です。

名前のとおり、ポリフェノールの一種であるフラボノイドが豊富に含まれており、高い抗酸化力やアンチエイジング作用、抗菌作用などがあることが知られています。

カンゾウフラボノイドには高い保湿効果があるとされており、多くの保湿化粧品に配合されています。

また、カンゾウエキスには抗炎症作用の強いグリチルリチン酸自カリウムが含まれており、医薬部外品の化粧品の有効成分として幅広く使用されています。

カンゾウフラボノイドは生薬にも利用されている安全性の高い成分ですが、グリチルリチン酸自カリウムによる副作用が起こる可能性があります。

そのため、グリチルリチン酸ジカリウムは、厚生労働省により配合量の上限が定められています。

グリチルリチン酸ジカリウムは外用薬としての副作用はほとんど心配はありませんが、植物由来の成分は人によっては強い刺激となることがあります。

 

 

天然ビタミンE

 

シミトリーには天然ビタミンE(トコフェノール、α-トコフェノール)が配合されています。

ビタミンEは、強い抗酸化作用のある成分として知られ、肌トラブルの原因となる活性酸素を抑制し、肌の血行促進や肌荒れの改善効果が期待される成分です。

肌の血行促進作用があるため、多少の刺激性がある場合もあります。

植物由来の成分は、全ての人に安全というわけではなく、稀に刺激が強くでる場合もあります。

 

 

セラミド3(N-ステアロイルフィストフィンゴシン)

 

シミトリーは天然のセラミド3(N-ステアロイルフィストフィンゴシン)が配合されています。

セラミドにはたくさんの種類があり、それぞれ役割が異なります。

セラミド3は、保湿機能に加えて、肌の弾力を高めシワを軽減する作用があるとされています。

また、セラミド3が不足すると、乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎になりやすと言われています。

セラミドは肌表面の角質層の中に存在する成分で、肌の細胞と細胞の間で水分を抱え込む働きがあるため、セラミドが不足すると肌は乾燥してしまいます。

セラミドには、動物から抽出される天然セラミド、人の皮膚に似せて合成されるヒト型セラミド、石油から作られる合成セラミドがあります。

天然セラミドは肌への親和性が高く、副作用の心配はほとんどありません。

シミトリーに含まれるセラミドは天然セラミドなので、強い刺激性もなく副作用の心配はほとんどありません。

 

 

オリブ油

 

オリブ油はオリーブの果実から採取される植物オイルです。

オリブ油には、皮膚を柔軟にすることでエモリエント作用があるとされています。

肌との親和性が高いため、角質から水分が蒸発してしまうのを防ぎ、肌を柔らかく滑らかに保つ作用があります。

角質の水分を保持する働きがあるため、高い保湿効果が期待され、多くの保湿化粧品に使用されています。

オリブ油は、現在まで重篤な副作用の報告はなく、皮膚への刺激性やアレルギー性はほとんどないとされています。

 

 

スクワラン

 

スクワランは、サメ類の肝油やオリーブオイル、小麦胚芽油などから抽出されるオイルです。

人間の皮膚にも5%程度含まれており、天然の保湿因子と言われ、角質の水分蒸発を防ぐ役割があります。

スクワランは肌への浸透力が高く、また親和性も高いことから使用感がよく、さまざまな保湿化粧品に使用されています。

皮膚への刺激性がほとんどないことなら、アレルギーや副作用はほとんどない安全な成分です。

 

 

シア脂

 

シミトリーに含まれるシア脂は、シアーバーノキの種子から抽出される植物オイルです。

シア脂はオレイン酸とステアリン酸を豊富に含むことから、滑らかでしっとりしたテクスチャーで、高い保湿効果があります。

シア脂は、角質の水分蒸発を防ぐ働きがあり、角質の水分量を増加させ、肌を柔軟に保つ働きがあります。

シア脂は今まで重篤な副作用の報告はなく、皮膚刺激性やアレルギー反応はほとんどないとされている安全な成分です。

 

 

 

1本で保湿&美白できる!シミトリー公式サイトを見てみる

 

 

 

シミトリーに含まれる合成成分(化学物質)の作用と副作用について

 

シミトリーの全成分表示

【有効成分】アルブチン

【その他の成分】フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

引用:シミトリー公式サイト

 

シミトリーは7種の無添加で肌への刺激が少なく、敏感肌や乾燥肌でも安心して使用することができます。

しかし、100%オーガニックのオールインワンジェルではないので、合成成分(化学物質)も含まれています。

シミトリーに含まれる合成成分(化学物質)の作用と副作用の有無について紹介します。

 

 

3-O-エチルアスコルビン酸(ビタミンCエチル)

 

シミトリーに配合されている合成成分の3-O-エチルアスコルビン酸は、ビタミンC誘導体の1つです。

ビタミンCは壊れやすい成分で、化粧品に安定的に配合することが難しいのですが、ビタミンC誘導体は安定して化粧品に配合できるように改良された成分であり、肌に乗せるとビタミンCとして作用します。

美白有効成分として医薬部外品に多く配合されています。

3-O-エチルアスコルビン酸は、皮膚への浸透力が高く、水やアルコールによく溶ける性質を持ち、融合しやすい化合物とされています。

3-O-エチルアスコルビン酸は、皮膚刺激性やアレルギー性はほとんどない成分であり、安心して使用することができます。

 

 

ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル

 

シミトリーに配合されているヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルは、油溶性ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、化粧品に配合すると壊れやすいビタミンCとは異なり、安定性が高い成分です。

ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性の2種類があり、湯要請ビタミンC誘導体の方が肌との親和性が高く、より浸透力が高いとされています。

ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルは、皮膚刺激性やアレルギーや副作用はほとんどない安全性の高い成分です。

 

 

トリイソステアリン酸グリセリン

 

シミトリーに配合されているトリイソステアリン酸グリセリンは、使用感や安定性に優れており、天然の油脂からは得られない成分のため、化粧品などに幅広く使用されています。

トリイソステアリン酸グリセリンは、肌への親和性が高く、角質層の水分蒸発を防ぎ、肌表面の柔軟性を高める働きがあります。

トリイソステアリン酸グリセリンは、皮膚刺激性はほとんどないとされる安全性の高い成分です。

アレルギーや副作用の有無は配合される濃度により結果が異なるとの報告があります。

アレルギー性は、トリイソステアリン酸グリセリン濃度50%以上で高くなることがわかっていますが、化粧品に配合されるレベルの濃度ではアレルギーや副作用の心配はほぼありません。

 

 

硬化ナタネ油アルコール

 

シミトリーに配合されている硬化ナタネ油アルコール は、表示名称(水添ナタネ油アルコール )で、ナタネ油から抽出される植物由来の飽和高級アルコールの1種です。

硬化ナタネ油アルコールは、化粧品の乳化安定剤やエモリエント剤として多くの化粧品で使用されています。

原料はナタネ油であり、毒性のない植物のため安全性が高いと言えますが、アレルギーや皮膚刺激性を示すデータはありません。

しかし、シャンプーや化粧品、スキンケアなど多くの製品に使用されており、重篤な副作用の報告がないことから安全性が高い成分と言えます。

 

1,3-ブチレングリコール(BG)

 

シミトリーに配合されている1,3-ブチレングリコールは、表示成分名はBGとされており、化粧品やスキンケアなどさまざまな商品で幅広く使用されている成分です。

主に保湿材として使用され、グリセリンに比べて使用感がさっぱりと軽いことから重宝されています。

肌の角質層の水分蒸発を防ぐ役割があり、肌表面の柔軟性を高める働きがあります。

また、化粧品の抗菌や防腐の作用も期待されます。

化粧品に配合されている配合量においての刺激性やアレルギー性の報告はなく、一般的には安全性の高い成分と言えます。

 

 

アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体

 

シミトリーに配合されているアクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体は、高分子の乳化剤でオールインワンジェルなどの化粧品に広く使用されています。

アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体は、吸湿性や保湿性が高いとされ、肌表面に皮膜を作ることから、角質層の水分蒸発を防ぎ、肌を保護する働きが期待されています。

化粧品の配合量においては重篤な副作用の報告はなく、安全性の高い成分と言えますが、皮膚刺激性やアレルギー性のデータの詳細はありません。

 

 

カルボキシビニルポリマー

 

シミトリーに配合されているカルボキシビニルポリマーは、増粘剤としてさまざまな化粧品やシャンプーなどに使用されています。

ジェル特有のテクスチャーはこのような成分から作られており、肌に乗せた際の使用感の向上に繋がります。

化粧品への配合量においては重篤な副作用の報告はなく、皮膚刺激性やアレルギー性の心配はほとんどない成分です。

しかし、眼刺激性は最小限ではあるものの、多少の刺激性を認めるため、直接目に入らないように注意が必要です。

 

 

アルギン酸ナトリウム

 

シミトリーに配合されているアルギン酸ナトリウムは、海藻から抽出される成分を合成した化学物質であり、主に増粘剤やテクスチャー調整剤として使用されています。

ゼリーやデザートなどさまざまな食品にも添加されており、安全性が高い成分です。

化粧品の配合量においては皮膚刺激性やアレルギー性はほとんどないとされており、安心して使用することができる成分です。

 

 

水素添加大豆リン脂質

 

シミトリーに配合されている水素添加大豆リン脂質は、レシチンを水素に添加して合成することで得られる成分です。

水素添加大豆リン脂質は、肌の保護剤や保湿材としての作用があります。

レシチンは肌への親和性が高く、肌と同じラメラ構造を持つ成分であり、肌に素早く浸透し高い保湿効果を発揮します。

水素添加大豆リン脂質は皮膚外用薬など医薬品にも使用されている成分であり、肌への刺激性やアレルギー性の報告はありません。

 

 

フェノキシエタノール

 

シミトリーに配合されているフェノキシエタノールは、一般にアルコールと呼ばれるエタノールとは異なる成分です。

フェノキシエタノールは、抗菌作用や防腐作用に優れており、さまざまな商品に抗菌剤や防腐剤として使用されています。

アルコール(エタノール)とは異なる成分のため、アルコールに弱い方やアレルギーのある方も安心して使用することができます。

化粧品への配合量においては皮膚刺激性やアレルギー性の報告はありませんが、配合量が2%以上になると眼刺激性が見られることもありますが、化粧品への配合量はそれほど多くないためほとんど刺激性はないと考えられます。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

7つの無添加で敏感肌でも安心!

 

 

 

 

[シミトリー/乾燥]肌の乾燥による副作用について

 

 

 

シミトリーで乾燥対策をする重要性を紹介します。

肌のさまざまなトラブルは肌の乾燥が原因と言われています。

シミやシワ、たるみ、毛穴の開き、ニキビなど全てのトラブルが肌の乾燥が原因で起こるのです。

乾燥肌の人は、肌の内側の水分を保持する力が低下しているため、肌の水分と油分のバランスが悪くさまざまな肌トラブルが起きやすい状態です。

また、肌が乾燥していると肌のターンオーバーが乱れ、新しい角質を生み出す力が弱まり、肌は外部からの刺激に敏感になります。

乾燥肌を放置しておくと敏感肌や、アトピー性皮膚炎になる可能性があります。

肌をしっかりと保湿することでさまざまな肌トラブルを改善することができます。

シミトリーには天然由来保湿成分が豊富に含まれ、使い続けることで肌が潤います。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

1本で保湿&美白ができる!

 

 

 

 

肌の乾燥による副作用1・シミ

 

肌の乾燥による副作用としてシミができやすくなることが挙げられます。

肌が乾燥している状態は、角質層の水分が十分に満たされていない状態のため、外部からの刺激に弱く、紫外線によるダメージを受けやすい状態になっています。

角質層が十分に満たされている肌は、肌のバリア機能がしっかりと働くため、紫外線によるダメージを受けにくくなります。

また、肌の内部の水分量が少ない肌は、角質層を作り出す働きが弱く、肌のターンオーバーが乱れがちです。

肌はターンオーバーを繰り返すことで、色素沈着やメラニンを排出しています。

しかし、肌のターンオーバーが乱れていると古い角質を押し出す力がないため、色素沈着やメラニンが肌の奥に停滞してしまい、シミの原因となるのです。

シミトリーは、肌への浸透力が高いラメラ構造となっていることや、10種の天然由来保湿成分により保湿効果が高いことから、保湿子かの高いオールインワンジェルです。

肌の内側からしっかりと保湿し、紫外線のダメージに負けない肌を作りたいですね。

 

 

 

肌の乾燥による副作用2・シワ(乾燥小じわ)

 

肌の乾燥による副作用にシワ(乾燥小じわ)が挙げられます。

肌が乾燥している状態は、肌の内部の水分量が低下しており、新しい肌細胞がスムーズに作り出せない状態です。

乾燥により肌のターンオーバーが乱れるため、新しい角質がスムーズに作られず、肌のターンオーバーと共に生成されるヒアルロン酸・セラミド・コラーゲンなどの生成量が低下し、肌の弾力が低下してしまいます。

肌の弾力が低下すると肌はたるみ、たるみによりシワが形成されます。

水分が多く瑞々しい肌は、角質層に十分に水分が保たれハリがあるため、表情ジワなどができにくいのです。

シミトリーは10種の天然由来保湿成分が配合されており、シミトリーを4週間継続した方の結果から乾燥小じわが大幅に減少したとのデータがあります。

 

 

 

肌の乾燥による副作用3・バリア機能の低下(乾燥性敏感肌)

 

肌の乾燥による副作用としてバリア機能の低下(乾燥性敏感肌)が挙げられます。

肌表面の角質層は、外部からの刺激から肌を守る役割があります。

しかし、乾燥肌の人は角質層の水分量が低下しているため、肌のキメが粗く凹凸があるため、外部からの刺激が侵入しやすく肌ダメージの原因となります。

外部からの刺激には、紫外線・チリ・ホコリ・ダニなどさまざまな有害物質があります。

角質層に水分が十分に満たされていると、肌のキメが整い凹凸がないため、外部からの刺激が侵入しにくい状態となります。

角質層の水分が低下すると外部からの刺激物が侵入しやすくなるため、肌がさまざまな刺激に対して敏感になり、結果として感想性敏感肌となります。

また、敏感肌からアトピー性皮膚炎に移行することもあり、乾燥肌のケアがとても重要になります。

シミトリーは高い保湿効果があるため、乾燥によるさまざまな副作用を予防することが期待されます。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

乾燥による肌トラブルを予防する!

 

 

 

 

[シミトリー/乾燥]美白化粧品(ハイドロキノンなど)の副作用/ハイドロキノン誘導体とハイドロキノンの違い

 

「美白化粧品って副作用が強くてちょっと怖い。。。」

「前にも美白化粧品で被害が出てたよね。。。」

以前、美白化粧品による白斑などの被害が報道され、多くの方が美白化粧品は副作用が強いとのイメージを持っているようです。

確かに、美白化粧品で大きな被害があったと報道されており不安になりますが、なぜ副作用が起きたのかを理解することで不安になる必要がないことが分かると思います。

ハイドロキノンの副作用についても誤解をしている方が多いようです。

多くの化粧品は成分の配合量の上限が定められており、副作用が報告されている成分は厳しく配合量が決められています。

日本で作られている化粧品なら、重篤な副作用の危険性のある化粧品はありません。

個人輸入で外国製の化粧品を注文する方は、日本とは配合量の基準が異なるため、作用と副作用をよく調べて購入することをおすすめします。

シミトリーは副作用やアレルギー性のある成分は配合されていませんし、重篤な副作用の報告もないので安心して使用することができますよ。

 

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

敏感肌での安心して使える!

 

 

 

 

美白化粧品は副作用が強いイメージがあるのはどうして?カネボウ美白化粧品の白斑被害について

 

美白化粧品は副作用が強いというイメージを持つ方が多いのはどうしてでしょうか?

カネボウ化粧品の美白化粧品による白斑被害が大きく報道されたのは2013年でした。

2008年にカネボウが独自成分として厚生省から認可を得た美白有効成分:ロドデノールにより白斑の副作用が報告され、2013年に回収されることになりました。

白斑などの副作用の症状は2万件ほどだったので、大きな被害ですよね。

このような事件があると美白化粧品は副作用が強く怖いというイメージを持っても仕方がありませんよね。

でも、このような副作用が報告されたロドデノールはカネボウ独自成分であり、他のメーカーの化粧品には一切使用されていませんし、現在は使用することができない成分となっています。

もちろん、シミトリーにも白斑の報告があるような危険な成分は一切配合されていません。

シミトリーによる重篤な副作用の報告もありませんので、安心して使用することができますよ。

 

 

 

ハイドロキノンの作用と副作用について

 

ハイドロキノンはシミ消し剤と呼ばれるほど美白効果の高い成分ですが、その反面、副作用を心配する方も多い成分です。

ハイドロキノンは、皮膚科でのシミ治療の際に幅広く使用されている成分です。

医師の管理のもとなら安心して使用することができます。

ハイドロキノンは美白効果が高いため、高い濃度のものを使用すると白斑の危険性があるとされています。

日本では、ハイドロキノン配合化粧品の配合濃度は2%以下と定められており、それ以上の濃度が配合されている化粧品を販売することはできません。

そのため、日本製の濃度2%以下のハイドロキノン配合化粧品で白斑などの副作用を心配することはありません。

しかし、個人輸入で外国製のハイドロキノン配合化粧品を購入することもできます。

海外では日本のようにハイドロキノンの配合量の上限が特に定められていないこともあり、高濃度のハイドロキノン配合化粧品が販売されています。

個人輸入でハイドロキノン配合化粧品を購入する際は、副作用に注意が必要ですね。

シミトリーにはハイドロキノンは配合されていませんので、白斑などの心配はありません。

 

 

 

ハイドロキノンとハイドロキノン誘導体(アルブチン)の違いについて

 

シミトリーにはハイドロキノン誘導体であるアルブチンが配合されています。

ハイドロキノン誘導体と聞くと、ハイドロキノンと同成分だと思ってしまいますが、全く別の成分です。

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素の合成を阻害する働きがあり、コウジ酸やアルブチンなどの美白有効成分の約10~100倍の美白効果があるとされています。

ハイドロキノンの構造に真似て開発された成分がハイドロキノン誘導体:アルブチンです。

つまり、アルブチンはハイドロキノンの構造と似てはいますが、全く別の成分です。

また、美白効果はハイドロキノンの1/10~1/100程度しかなく、白斑などの副作用の心配はほとんどありません。

ハイドロキノンは酸化することでベンゾキノンという成分となり、この酸化してできた成分が非常に刺激が強いため、純度の悪いハイドロキノンや劣化したハイドロキノンを使用してしまうと、肌への刺激が強く赤みや痛みなどの原因となります。

ハイドロキノンは濃度5%以下では白斑の副作用の報告はありません。

しかし、海外製のハイドロキノン化粧品は濃度10%なども販売されているため、個人が副作用を知らずに使用すると危険です。

シミトリーは、ハイドロキノンとは全く別もののハイドロキノン誘導体(アルブチン)を配合しており、ハイドロキノンのように強い美白効果はありませんが、副作用はほぼないため安心して使用することができますよ。

 

 

 

シミトリー公式サイトへ

敏感肌でも安心して使える!

 

タイトルとURLをコピーしました